Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

≫ EDIT

オーダー: 聖劇の衣装   ~サテン生地の扱い方~

聖劇衣装のオーダーを生地持ち込みでお受けしました。


以前、幼稚園の聖劇衣装を作ったのですが
それをもとに 大司教様の衣装を白で作って欲しいとのオーダーでした。

seigeki-2.jpg

型紙はマリア様の衣装をアレンジ。

衿ぐりを詰めて、スタンドカラーをつけ
袖口をラッパ袖みたく少し広げたシルエットです。



seigeki-2a.jpg

真っ白な衣装だけでは、ちょっと寂しいので
大司教様らしく?少し装飾を施しました。

もう少し派手な飾りにしたら良かったかな?とも思いましたが
(ゴールドの装飾とか)
何となく清楚な雰囲気がイメージにあったので
白で統一。

衿ぐりは細め、袖口は少し広めのブレードを使用してます。

後ろにコンシールファスナー。

型紙がシンプルなので、色を変えれば他の衣装にも応用できそう。( ̄▽ ̄)


T様。オーダーありがとうございました。
大役頑張ってくださいね♪
素敵な大司教様へのお力になれれば幸いです。



* * * * * * * * * *


サテン生地を扱う時のコツや注意点など。

いろいろあるんですが、、、
裁断したらあまりいじらない事がベストかな。

生地の切り端からほつれてくるので
なるべく動かさず、必要最低限な動きにする。。。

と、言っても慣れていない方はムズカシイかも。^^;


裁断は裁ちばさみ よりロータリーカッターで一気にカットするほうがいいだけど、
裁断用マットが必要です。

裁断したらすぐに必要箇所に接着芯を貼ります。

聖劇の衣装はスタンドカラーにニットタイプの接着芯
ファスナー付け位置に平の伸び止めテープ 15mm
袖口、裾周りにニットタイプの伸び止めテープを貼っています。

そして、衿ぐりと袖ぐり以外の縫い代にロックミシンをかける。

ロックミシンを持っていない方はニットタイプの伸び止めテープを縫い代端に貼ると
ジグザグミシンをきれいにかけることが出来ます。

ちと、めんどくさいですが・・・。^^;


アイロンは中で。
縫い代は両割り。(または片倒し)
袖や裾始末は 三つ折りせずに二つ折りが無難です。
(伸び止めテープを貼っているので ほつれる心配もないです。)

ミシン針は9号ぐらいかな。
針先が潰れていないか確認すること。
(生地を引っかける原因になります。)

糸調子はゆるく!
プロから伝授~洋裁のコツ~ ・・・Senjyu・・・ さん を要参照。

そして、ミシン糸はフジックスのファインを使うべし!
糸が細くて強いので、サテンを縫っても縫いジワ(つれジワ)が出にくく
生地に馴染む感じで仕上がりが綺麗です。

でもオールミシンで縫うよりは、部分部分で手まつりすると
柔らかい感じで仕上がります。

私はスタンドカラーの裏衿部分と袖口は 手まつりで縫いました。


装飾のタイミングは 場所にもよりますが
縫い合わせていないパーツの状態で縫い付けています。

※裾周りなど、距離の長い場合は前後で分けて縫い付けるか、
 片方の脇を縫い合わせてから 長い距離を縫い付ける方法があります。


あと、開きの始末はボタンより
ファスナーの方が仕上がりがキレイなので
ファスナー付けを頑張って習得しましょう。

※ファスナーの付け方は そのうちに・・・




衿ぐりのブレード。



袖ぐりのブレードは こういうのも有りですね~ (´▽`*)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

No.h1673_1手芸用ブレード_白色
幅1.0cm×長さ1m

価格:150円(税込、送料別)
(2016/8/30時点)






スポンサーサイト

| [オーダー]オーダーのお品たち | 14:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アパレルCAD 習いはじめました。

夏休みも終盤に差し掛かり、
家庭教師のトライのCMが身に刺さる今日この頃。。。

『ペーター、夏休み 終わっちゃうよ・・・』


ヤバい!ヤバいよ!

なぜだか煽られる、あのCM。
長女の宿題が片付いていないからかな。

この歳にもなって、娘たちの宿題でやきもきするとは思わなかったよ。。。


世間様の夏休みはいかがなものでしょうか。
我が家の夏休みは 長女の吹奏楽の練習で潰れてしまいました。

かと言って家で暇しているのでもなく、何かに追われている感の毎日だったりする。




さて6月に、新作のパターン化に向けて取り掛かっていた時の感想。
ショップにアップした型紙自体はオプションパーツを含めて4型ですが、
アレンジで7通りのデザインが作れる仕様にしたせいか
通常より作業がかなり多かった・・・。

フリル袖ブラウス と フリル袖ワンピース を
同時進行で作業を進めたのも問題かな。
すっごく時間がかかったような気がする。

特にパターンを各サイズにグレーディングして
それを紙に写しとり、スキャンしてパソコン入力・・・
という完全アナログ作業に嫌気がさしてしまいました。

な、なんて効率の悪い作業・・・(/ω\)




ちょっとこれは面倒だな~と気付いたところで
アパレルCAD導入を再検討しました。

いや、検討ではなく導入せねば仕事にならん!と気が付いた。

ちなみに以前、CADの導入を考えた時の妄想記事はこちら→ 
4年前です。月日を感じるな~

作業効率を上げるためにもCADの導入は必須なんですが
アパレルCADにおける導入費用は、個人で使うにはかなりの高額。
今も昔もまったく変わりません。(ノД`)・゜・。シクシク


で、お試しでフリーのソフトを探しました。

洋裁CAD と DG-メトロ

他にもCADのフリーソフトがあるんですが
洋裁に特化したフリーのCADはこちらがベストかな。

ただし、洋裁CADはまだ開発途中のフリーソフト。
曲線がいびつなのも気になる。。。
これからの発展に要期待です。

DG-メトロは個人ユースとして4年前も視野に入れていたんだけど
その頃、パソコンがMacだったのでサポート対象外。
今はWindowsに変えたので、俄然導入できる範囲になったわけです。

DG-メトロ・クリエイター無料お試し版』で動作確認をしたところ
かなり痒いところに手が届く作りになっています。

ソフトの基本的な使い方はホームページに記載されていますが
実際自分で型紙を引くとなると、チンプンカンプン (◎_◎;)
さっぱりわかりましぇ~ん。


あーだ、こーだとソフトをいじってみても
型紙を引く方法がイマイチ分からず、このままでは時間がもったいない!
そう思って、パターンセミナーに行ってきました。

CAD.jpg

上の画像は子供原型の110サイズ。
教わった使い方を練習するために引きました。


パターンセミナーに行って、CADの使い方だけを習うつもりが
パターンの構造についても新たな知識を得ることができました!

なんて、ラッキー♪( ̄▽ ̄)



こういう考えもあるのね。
と、新たな知識にウキウキな私。


こちらの画像は自分の原型サイズでジャケットを引くところ。

CAD-2.jpg

面白い形ですよね~
これからどういう風に展開していくのかな~



今まで原型を使って製図用紙の上で型紙を引いていたものが
これからはパソコンの中で作業が完結する事を考えると
もう紙には戻れないな~と感じています。

もっと早くにCADを習っていれば良かった!と思うけど
物事にはタイミングがあるので、たぶん今がベストなタイミングなんだろうな。

早く自由自在に使えるようマスターしたいです。




| [ソーイングあれこれ]アパレルCAD | 17:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

簡単♪ 脇ポケットの縫い方 ※縫代片返し、ポケット袋縫い編

以前、ブリジットスカートに付ける
脇ポケットの縫い方をご紹介しましたが
本日は袋縫いにしたポケットの付け方です。

最初にポケット袋布を作ってから 脇に縫い付ける方法なので
縫製工程に無駄がなく、時短効果もあります。

基本の縫い方は脇ポケットの縫い方と変わらないんだけど
少し縫いやすいようにアレンジしました。


ポケット袋布と向う布を準備。
pocket-2a.jpg

※ポケットの向う布とは
 ポケットに手を入れた時、中の袋布が見えないように
 ポケット入口付近に付ける布のことを指します。(向こう側に付く布という意味)
 表地が続いているように見せるため、表布と同じ生地を用います。

※ポケットの袋布にはスレキや裏地など、薄手の生地が適しています。



(1)-1 ポケットの袋布と向う布を外表に合わせ、縫い代0.5mmの位置で縫う。
  縫い止り位置は1.2cm手前まで。縫い代分+2mmは縫っていない状態。
(1)-2 ポケット袋布を返しやすいように、アイロンで縫代に折り目を付けておく。
pocket-2b.jpg
(1)-3 ポケット袋布をひっくり返して、アイロンで形を整え0.7mmの位置で縫う。
  縫い止り位置は1.2cm手前まで。
(1)-4 ポケット袋布が縫い上がったところ

※ポケット袋布と向う布の縫い合わせに
縫い止りを1.2cm 手前にすることでスカートに縫い付けやすくしています。



(2) 前スカートのポケット口、上下1cmずつ出るように
 伸び止めテープ・平タイプを貼ります。15mm幅使用
pocket-2c.jpg




(3) ポケット向う布をはずし、ポケット袋布と前スカートを中表に合わせます。
pocket-2d.jpg



(4) ポケット口1.2cm の位置、合い印の間を縫います。
pocket-2e.jpg
※縫い目は合い印からはみ出さないように注意!
※縫い始めと縫い終わりは必ず、返し縫いをすること。



(5)-1 合い印に向かって 斜めに切り込みを縫い目ギリギリまで入れる。
(5)-2 ポケットと前スカートを両サイドに開き、上下に切り込んだ縫代をうら側へ返します。
pocket-2f.jpg
(5)-3 切り込んだ縫代の拡大画像。
(5)-4 ポケット口をアイロンで押さえ、コバステッチをかける。



(6) 前後スカートを中表に合わせ、脇を縫います。
pocket-2g.jpg
脇の縫代、1㎝の位置を縫いますが、ポケット口を縫い込まないように。
※ポケット口を1.2cmの位置で縫っているので、縫い込みにくくなっています。



(7) 前後スカートを両開きにし、ポケットは前スカート側、縫い代は後スカート側に倒します。
pocket-2h.jpg
(8) ポケット口・上下にミシンカンヌキをかけ、補強する。

※ミシンカンヌキとは5mmぐらいの長さで返し縫いすること。
 ほころび やすいところを丈夫に止めるための方法です。



(9) 脇ポケットの出来上がり♪
pocket-2i.jpg



(10) ポケット部分をはずしてギャザーを寄せ、ウエストベルトを付けます。
pocket-2j.jpg



裏側から見たところ
pocket-2k.jpg



小学生にもなると ポケット付きのスカートやズボンは必須なので
ぜひ、チャレンジしてみてね。

ワンピースに付けるタイプのポケットはまた次回に。


お役に立てれば幸いです。




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT