Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

他と差をつける ちょっとしたテクニック☆

あまたのハンドメイド作品が溢れる中で
地味に差をつけるテクニックです。



ウエストベルトから ちらり☆と裏布を見せてみましょう。

belt-1a.jpg

たったコレだけですが
あなたのハンドメイド品は他と差別化が図れます。

裏布のリボンを付ければ統一感もバッチリ☆



やり方はとても簡単♪
裏ベルトの寸法を表ベルトより1cm長くするだけ。

belt-1b.jpg



(1) 表・裏ベルト、それぞれの右脇を接ぎ合わせます。

(2)-1 表・裏ベルトを中表に合わせ、1cmのところを縫い合わせます。
(2)-2 開いて縫い代を両割りにします。
belt-1c.jpg
(2)-3 表側に折り返して、ベルト端を合わせます。(ベルト幅4.5cm上がりにする)
(2)-4 表ベルトより裏布が0.5cm出ている状態になります。



(3) 左脇にベルト通し口を開けて縫い合わせます。
belt-1dd.jpg




(4) 再度ベルト端を合わせて、接ぎ合わせ位置に落としミシンをかけます。
belt-1e.jpg
これで出来上がり~♪

たったコレだけです☆



あとはスカートにベルトを縫い付けて ゴムを通すだけ~
belt-1f.jpg
これでシンプルなスカートが
ちょっとしたデザイン・スカートになりました。


表ベルトから裏布を もう少し出したい場合は
裏ベルトの寸法をプラス2cmにするといいですよ。

この方法は袖口、裾周りなどにも応用できます♪


他と地味に差をつけてくださいね~ ( ̄▽ ̄)




スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワンピース、コート等に付ける脇ポケットの縫い方 ※縫代両割り、ポケット袋縫い編

ワンピースやコート、厚地の生地にも使える
脇ポケットの縫い方です。



ここではサーキュラースカートを作った時の脇ポケットで説明しています。

pocket-3a.jpg




ポケット袋布と向う布を準備。
pocket-3b.jpg



(1)-1 ポケットの袋布と向う布を外表に合わせ、縫い代0.5mmの位置で縫う。
 ※ ポケット口 縫い代1.2cm手前まで縫う。
(1)-2 ポケット袋布をひっくり返して、アイロンで形を整え0.7mmの位置で縫う。
 ※ ポケット口 縫い代1.2cm手前まで縫う。
pocket-3c.jpg
(1)-3 ポケット向う布の縫い代1.2cm分を折っておく。




(2) 前・後スカートのポケット口、上下1cmずつ出るように
 伸び止めテープ・平タイプを貼ります。15mm幅使用
※脇が斜めの場合、生地がバイアス地となり ポケット口に負荷がかかるため
 伸び止めテープを貼って補強します。


(3) ポケット口分を開けて、スカートの脇を縫います。
pocket-3d.jpg
縫い代は両割りにします。



(4) ポケット袋布の縫い代と、前スカートの縫い代を合わせ1cmのところを縫う。
※ポケット向う布の縫い代は縫い込まないよう 外しておきます。
pocket-3e.jpg



(5) ポケット向う布の縫い代と、後スカートの縫い代を合わせ1cmのところを縫う。(☆印)
pocket-3f.jpg



(6)縫い代にロックミシンをかける。
pocket-3g.jpg



(7)ポケットを後スカート側に倒したままの状態で、表側にひっくり返し
 前スカート側のポケット口にステッチをかける。(縫い代にステッチがかかる状態)
pocket-3h.jpg



(8) ポケットを前スカート側に倒して、ポケット口の上下にミシンカンヌキをかける。
 ※ポケットまでミシン目を通します。
pocket-3i.jpg




スカートの裏側。
pocket-3j.jpg
※スカートの縫製工程を省いて、ポケットが付いたところ。



脇ポケット出来上がり♪
pocket-3k.jpg
縫い代を両割りにしているので
厚手の生地にポケットを付ける時に適しています。

あと、ついつい脇を先に縫ってしまいがちな時に対応できます。



* * * * *

もう一つ、別の縫い方。

上記の縫い方はポケット口のステッチが縫い代のみにかかっている状態です。

ポケット口の袋布が パカパカ浮かないように
袋布ごと一緒にステッチをかけたい場合、
上記(5)の段階で、ポケット向う布と 後スカートの縫い代を
縫い合わせずに表にひっくり返します。
pocket-3l.jpg
ポケット向う布の縫い代を外して、ポケット口にステッチをかけます。

この後の工程は(5)の続きになります。


こっちの縫い方の方がポケット口がしっかりとしますよ~
用途によって使い分けてみてくださいね。


お役に立てれば幸いです☆




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

簡単♪ 脇ポケットの縫い方 ※縫代片返し、ポケット袋縫い編

以前、ブリジットスカートに付ける
脇ポケットの縫い方をご紹介しましたが
本日は袋縫いにしたポケットの付け方です。

最初にポケット袋布を作ってから 脇に縫い付ける方法なので
縫製工程に無駄がなく、時短効果もあります。

基本の縫い方は脇ポケットの縫い方と変わらないんだけど
少し縫いやすいようにアレンジしました。


ポケット袋布と向う布を準備。
pocket-2a.jpg

※ポケットの向う布とは
 ポケットに手を入れた時、中の袋布が見えないように
 ポケット入口付近に付ける布のことを指します。(向こう側に付く布という意味)
 表地が続いているように見せるため、表布と同じ生地を用います。

※ポケットの袋布にはスレキや裏地など、薄手の生地が適しています。



(1)-1 ポケットの袋布と向う布を外表に合わせ、縫い代0.5mmの位置で縫う。
  縫い止り位置は1.2cm手前まで。縫い代分+2mmは縫っていない状態。
(1)-2 ポケット袋布を返しやすいように、アイロンで縫代に折り目を付けておく。
pocket-2b.jpg
(1)-3 ポケット袋布をひっくり返して、アイロンで形を整え0.7mmの位置で縫う。
  縫い止り位置は1.2cm手前まで。
(1)-4 ポケット袋布が縫い上がったところ

※ポケット袋布と向う布の縫い合わせに
縫い止りを1.2cm 手前にすることでスカートに縫い付けやすくしています。



(2) 前スカートのポケット口、上下1cmずつ出るように
 伸び止めテープ・平タイプを貼ります。15mm幅使用
pocket-2c.jpg




(3) ポケット向う布をはずし、ポケット袋布と前スカートを中表に合わせます。
pocket-2d.jpg



(4) ポケット口1.2cm の位置、合い印の間を縫います。
pocket-2e.jpg
※縫い目は合い印からはみ出さないように注意!
※縫い始めと縫い終わりは必ず、返し縫いをすること。



(5)-1 合い印に向かって 斜めに切り込みを縫い目ギリギリまで入れる。
(5)-2 ポケットと前スカートを両サイドに開き、上下に切り込んだ縫代をうら側へ返します。
pocket-2f.jpg
(5)-3 切り込んだ縫代の拡大画像。
(5)-4 ポケット口をアイロンで押さえ、コバステッチをかける。



(6) 前後スカートを中表に合わせ、脇を縫います。
pocket-2g.jpg
脇の縫代、1㎝の位置を縫いますが、ポケット口を縫い込まないように。
※ポケット口を1.2cmの位置で縫っているので、縫い込みにくくなっています。



(7) 前後スカートを両開きにし、ポケットは前スカート側、縫い代は後スカート側に倒します。
pocket-2h.jpg
(8) ポケット口・上下にミシンカンヌキをかけ、補強する。

※ミシンカンヌキとは5mmぐらいの長さで返し縫いすること。
 ほころび やすいところを丈夫に止めるための方法です。



(9) 脇ポケットの出来上がり♪
pocket-2i.jpg



(10) ポケット部分をはずしてギャザーを寄せ、ウエストベルトを付けます。
pocket-2j.jpg



裏側から見たところ
pocket-2k.jpg



小学生にもなると ポケット付きのスカートやズボンは必須なので
ぜひ、チャレンジしてみてね。

ワンピースに付けるタイプのポケットはまた次回に。


お役に立てれば幸いです。




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミシンアタッチメント 三つ巻き縫い押さえでカーブを縫うコツ☆

ミシンを購入すると たいてい付属として付いている
三つ巻き縫い用のアタッチメント。


3makinui-1a.jpg


【裏側】
3makinui-1b.jpg
赤矢印部分に溝があり、1mmぐらいの段差があります。
ここに三つ巻きされた生地が収まり 縫われていく感じ。


上手く使えれば3mm幅の美しい三つ巻き縫いができます。


・・・が、これがかなりムズカシイ。
練習が必要だし、コツもいる。

扱う生地によっては巻き込みにくいし
すぐパンクもする。(三つ巻きできずに二つ折りで仕上がる状態)

直線を三つ巻き縫いするコツ
他の方のブログ等で説明されているので
ここではカーブを三つ巻き縫いするコツをご紹介。


こちらは次回新作の袖フリル部分。
3makinui-1c.jpg

大きくラウンドしたパターンで、
赤矢印部分はバイアス地になっています。

通常の縫い方のコツだと失敗する恐れあり。

・・・っていうか、私にはムズカシイ。



なので、私はあらかじめ周りに
3~4mmぐらいの折り目をアイロンでつけておきます。
3makinui-1d.jpg



縫い始め部分は三つ折りにして まち針でとめておく。
3makinui-1e.jpg



三つ巻き押さえを下ろし、3cmほど三つ折りの状態で縫い進める。
(まだ押さえの渦の中に生地を巻き込まない)
3makinui-1f.jpg



3cmほど縫い進んだら押さえを上げて
折り目をつけた部分を渦の中にかぶせる。
3makinui-1g.jpg



【横から見たところ】
3makinui-1h.jpg
折り端を渦の中に巻き込まず、上に覆いかぶせるのがポイント!
↑↑↑ よ~く見ると生地の折り端が渦に巻き込まれていないのが分かるはず!
※画像はクリックすると大きくなりますよ。


そして生地を進行方向に向かって
左斜め30度ぐらいで引っぱり気味に縫い進めます。
3makinui-1i.jpg
縫う手前で生地を手で三つ巻きにしながら 押さえの中に送り込むイメージ。
(左手で生地端を押さえ、右手に目打ちを持って三つ巻きを整えましょう)

押さえの右側にある段差がストッパーの役割となって
生地が右側に逃げるのを防いでくれます。

カーブが浅いと軽く引き気味に縫いますが
これはカーブが強いのでわざと強めに引っ張っています。
※強く引っ張りすぎると三つ巻きが反りかえって 裏が見えてしまうので注意!





強めに引っ張るとバイアス部分の所が伸びて
波打った感じの三つ巻き縫いになります。
3makinui-1j.jpg
失敗じゃないよ!デザインですよ!



しかし この付属品、
そもそも三つ巻きする時の生地の折り込み(巻き込み)幅が少ないような気がする。
そしてミシン針の落ちる位置が真ん中すぎる。
3makinui-1k.jpg

もっと生地を巻き込んだ端位置じゃないと
すぐパンクしちゃうんだよね。(付属品としての品質の限界かな~?)


でも上記のコツを使えば直線縫いもストレスなく縫えます。




最初に折り目を全部付けるのは面倒だ。
私はカーブを波打たせずに縫いたい!

という方は専門の押さえを購入したほうがいいと思います。

頻繁に使うものではないけど、有ると絶対重宝するので
タイミングが合えば私も欲しい。

【職業・工業用ミシン専用】



こちらは安心の卓輝工業 スイセイ。



高額だけどカーブや継ぎ目も縫えることを考えると やっぱり欲しい。。。




お役に立てれば幸いです ♡




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 13:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時短テクニック!布ループ、糸ループの代わりに ソフトルーパーですよ!!

お洋服を作る時に 布ループを使ったボタン留めが出てきます。

私はこれが苦手・・・。

だってバイアス布を細く縫って
ひっくり返すのが超めんどくさい!!Σ(ノ`□´)ノシャーー!!


なので よく糸ループをボタン留めとして使っていたのですが
こちらの存在を忘れていました。


ソフトルーパー (別名:セッパ ともいう)
button-looper.jpg

ほどよく伸び縮みするので
ある程度のボタンの大きさに対応します。


使い方もかんたん。

(1)身頃の中心位置にソフトルーパーの足部分を縫い付ける。
  (衿ぐり縫い代分より下の位置)
button-looper-1a.jpg



(2)見返し布のスラッシュ開き位置に ソフトルーパーの足部分を挟んで縫う。
button-looper-1b.jpg



(3)見返しをめくるとループ部分だけ出ている状態。
button-looper-1c.jpg
中心部分を切り込みます。



(4)切り取られたソフトルーパーの足部分は必要ないので取っておきます。
button-looper-1d.jpg



(5)見返し布を裏側に返し、アイロンをかけて形を整える。
button-looper-1e.jpg



(6)見返し布を再度表側に戻し、衿ぐり周りにバイアス布を縫い付ける。
  (裏バイアス始末)
button-looper-1f.jpg
※バイアス布は9mm幅のテープメーカーを使用。



(7)バイアス布を身頃裏側に倒し、衿ぐり周りにステッチをかける。(約7mm幅ステッチ)
button-looper-1g.jpg



(8)ボタンを付けたら出来上がり♪
button-looper-1h.jpg


布ループや糸ループもいいけど
ソフトルーパーも便利。

用途に合わせて使い分けてみてね!


お役に立てれば幸いです♡


| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT