Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブランドのネーミング♪

こんにちは!

先日の SHOP OPEN には沢山の方にお越しいただき、ありがとうございました!!

ブログ拍手でも 心温まるコメントをくださりありがとうございます☆

まだまだSHOPとしては未完成なんですが
まずはカタチを作ってみない事には始まらないし、
やってみないと分からない事もたくさん。

それに これから始める事を
たくさんの方に知ってもらうのも大事ですしね。

今後、小物なども作って
少しずつ 【Tanico753】としての世界観を
イメージを 作り上げていこうと思っています。

出来立てホヤホヤの 子供服ブランドではありますが
今後とも何卒 宜しくお願い致します♪ m(_ _)m



さて、このブランド名ですが

正式には 【 Tanico Sept-Cinq-Trois 】(タニコ セット・サンク・トロア) です。

略して 【Tanico753】(タニコ ナナ・ゴー・サン) にしてます。




実はこのブランド名になるまで、
いろいろ紆余曲折ありまして。。。^^;


最初は フランス語で『 Sept-Cinq-Trois 』(セット・サンク・トロア) でした。

でも初見だと 分かりづらい(読みづらい) みたいなので
『753』の数字を入れることを考えました。

ただ七五三のイメージが色濃くついても困るな〜と思い、
数字を入れ替えるけど、読み方はそのままにしようと決めました。


それで私の中では決定してたのですが・・・

tag-a.jpg

こちらのネームを発注してしまったあとに

アパレル業界で活躍しているデザイナーさんとお話しする機会があり

あと主人のアドバイスもあったり・・・で



土壇場で変更することになりました。
(もう出来上がっていたんですけどね。。。)

tag-b.jpg


ブランド名は

くさんのニコ(笑顔)に出会えますように♪

という気持ちを込めたのと、
私のニックネームも交えてネーミングしました。
753はサイズ対応年齢と七五三をかけて。



tanico753.gif



出来上がってしまったネームをどうしようかと考えて
(気に入っているし!)
新しく作り直すにしても
こちらのネームはプレミアム・ネームとして使おうと決定!!


無くなり次第 終了なので、今しか手に入らないプレミアム・ネームです。
今後、世界的に躍進した時に持っていると自慢できる
プレミアム・ネームになるかもよ?




スポンサーサイト

| [ハンドメイド]思いをカタチに | 15:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こだわり 始めます。

ここ1ヶ月。

ながながと『思いをカタチに』シリーズとして
ポエジーに綴ってきましたが(笑)
今日のブログタイトルに繋げるための前置きでした。(* ̄ ▽  ̄*)

本当は2週間ぐらいでサクサクッとする予定だったんですが
ま〜 なかなか思うように進まず 本日お披露目。


わたくし、『こだわり 始めます。』 




長女が産まれてから 始めた子ども服ですが

ずっと ブランド名の冠を掲げずに作っていました。
(たま〜に 自作のタグを付けたこともありますが)


ま、それは色々とタイミング等の理由もありますが
まだ胸を張って冠掲げる自信がなかったから。

最近やっと胸を張って『子ども服を作っています。』と
口に出して言えるようになりました。


子ども服を作り始めた頃は

『いかに縫製工程を簡素にして量産できるか』を念頭に置いていましたが

最近は『きちんと作り込みたい』と思うようになりました。


『きちんと作り込む』というと、「今まで手抜きをしていたのか?」
とも思われそうですが そうではなく

裏地をつけたり、スラッシュ開きにしていたのを釦開きにしたり
生地の風合いを保つためにミシンではく、手まつりにしたり と

『縫製の工程を増やしてでも 出来上りのクオリティを保つ』

という意味。

手間ひまがかかってしまいますが
『子供の時期にしか着れない特別な服』を作りたい。



ただ身に纏うだけの衣服ではなく、装うための服。

子供が創り出すファンタジーの世界を 演出するための服。


お洋服のコンセプトは

和洋折衷、大正浪漫。

レトロでモダン。

どこかノスタルジックでクラシカル。

ときにフレンチシック。

ときにはガーリーでキュート♪


日常を非日常に。


七五三 桃の節句 新年の挨拶に。
夏祭りやハロウィン、クリスマス・・・
普段着として
空想の世界の衣装として。


いつか子供たちが成長した時に
幸せを感じる優しい時間となったら
作り手として このうえない喜び ♪


そんなこだわりをギュッとつめて
New Shop OPEN します ♪→  


≫ Read More

| [ハンドメイド]思いをカタチに | 14:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いをカタチにした ソノ先に

ずっと頭の中にあるイメージをカタチにしたくて。


なんとなく頭の中にあったイメージをデザイン画にし

シルエットはこんな感じで

素材はこういうのを使おう・・

色は艶やかに、シックに、可愛らしい色を。

着丈は? 袖のデザインはどうしよう?

飾りはどうする? くどいかな?



色んなイメージを固めて足して削いで
出来上がったお洋服。



でも、それで終わりじゃない。

まだ足りない。


そう、色が カラーが足りない。



思いをカタチに したけれども
肝心の子供たちに着てもらわなければ意味がない。


十人十色。

子供たちの個性(カラー)に触れあうと
たちまち輝き出す。


753-7g.jpg



でも まだまだ物足りなくて

外に出てみる。



753-7a.jpg



753-7b.jpg



753-7c.jpg





753-7h.jpg




思いをカタチにした ソノ先も

まだまだ続きそうです。




| [ハンドメイド]思いをカタチに | 10:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いをカタチに 7

本物にはかなわいけど


着物をテーマにしたお洋服が作りたくて

ずっとデザインを考えていました。



和と洋の融合。


特別な時にしか着なくなった着物を

もっと普段着として着るにはどうしたらいいか。。。


シンンプルで機能的
かつ上品に。

着物の醍醐味である組合せも楽しめるように


日常が非日常になるようなワクワク感も入れて。



半襟カシュクール
753-6a.jpg

リバティ・ベッツィで。

装飾的に使っても
襟元を汚さないためにも

お手入れはかんたんに。



753-6b.jpg

半襟としてだけでなく
ボレロとしても着用できます。



伊達襟・着物ワンピース
753-6c.jpg

着物に襲(かさね)をしているかのように
襟ぐりの見返しに華やかな色・柄を。



753-6d.jpg

縮緬生地の風合いを損なわないように
襟ぐり周り、袖・裾周り、胴周りは全て手まつりで
縫い上げています。



パピヨンスリーブ
753-6e.jpg

広げると蝶々が舞っているかのよう。



753-6h.jpg

着用すればドレープが出てエレガント。

ウエストリボンは後で結んでも 前で結んでもかわいい。



半襟カシュクールと合わせて
753-6g.jpg

リボンや髪飾り
巾着や籠バッグ

サンダルや草履に

足袋に素足に。


組合せは自由に。

難しい決まり事は一切なし。


感じるままに、

思うがままに 楽しむ。


それでいいのだ(そうなのだ!)




| [ハンドメイド]思いをカタチに | 06:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いをカタチに 6

753-5a.jpg





753-5b.jpg



753-5c.jpg



753-5d.jpg



753-5e.jpg



753-5f.jpg



753-5g.jpg



ちょっと個性的な柄も

子供が着ていると可愛く見える。

むしろ子供だからこそ 似合うのかもしれない。


それなら、期間限定のこの時期に

思いっきり柄で遊んでみるのはどうでしょう?


好きを理由に あとはパワーで着こなすのも

ファッションの一つかも。




| [ハンドメイド]思いをカタチに | 16:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT