Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

おススメのロックミシン本

前回 初心者さん向けのソーイング本をピックアップしましたが、
今回はロックミシン本。

今まで家庭用ミシンでカットソーを縫ってきた。
これからロックミシンを買う予定、
もしくは買ったばかりでイマイチ操作が分からない方向けです。

ロックミシンの本もたくさん種類が出ていますが
押さえておきたいのは下記の2冊。




Rick Rack ロックミシン基礎BOOK ~いちばんわかりやすい&いちばんていねい!


著者: 御苑 あきこ


手芸を始めたら、いつかは欲しいと思うのが
ロックミシン!
でも、いったいロックミシンってどういうもの?
どういうことができるの? 家庭用ミシンとはどう違うの?
という疑問を詳しく説明しています。



いちばんよくわかるロックミシンの本いちばんよくわかるロックミシンの本


洋裁が楽しくなってくるとほしくなる、
でも難しそう…と思われがちなロックミシンについて、
詳しく解説しています。
基本の操作から、適する糸や布、揃えると便利な道具といった基礎知識まで、見やすい写真で説明しています。



どちらを選ぼうか?と、お悩みの方には
いちばんよくわかるロックミシンの本をおススメ♪

なぜなら差動送りを使った縫い方が載っているから。
ニットは縫うとき伸びます。
それを差動送りで調節しながら伸びを軽減させる縫い方があるのですが
この縫い方を載せている基礎本ってあまり見たことがないので。

私のブログでも紹介していますが、
差動送りを使ってギャザーを寄せる方法も載っていましたよ。^^

あと 覚えておきたい部分縫いもいくつか載っています。
・内角の縫い方
・ポケット
・ウエストゴム(直接縫い付ける方法)
・ファスナー
・Vネック
・裾フリル
・・・などなど


二冊とも基本、ニットソーイングを主体に
ロックミシン(2本針4本糸)を使って、どういう縫い方ができるかを紹介しています。

差動送りが付いていない機種をお持ちの方や
本で使用されているロックミシン(ベビーロック)とは違う機種の方でも
読まないのはもったいない。

知識は財産。
今は必要なくても いずれ必要になるはず!

ただし、ニットソーイングを主体とした基礎本なので、
布帛をよく縫う方、1本針2本糸、または1本針3本糸を使っている方への
おススメ度はビミョーです。(ロックミシンの用途が違うので)

リックラックさんの基礎本は子供服が主体で、基本の縫い方が詳しく載っています。
リックラックさんのデザインや型紙が好きな方には、こちらがいいかも。



ただ 両本共通してニットソーイングをする際、
縫い代を約3mmカットしながら縫う・・・と、記載しているんですね。


え?!
裁断しながら縫うの?

・・・と、驚いてしまった。。。

ニットは布帛と違い裁断面がほつれにくいので
私はロックミシンのメスを固定して縫います。
その方が生地が右に流れず、安定して縫いたい位置を縫えるから。
(縫い代の重なり部分や、空環を切断する時にメスを使います。)

裁断しながら縫うと 
絶対3mm以上カットしたり、それ以下になったりしそうなんだけど。。。

それに『裁断する』という作業工程が入るので
縫製にも時間がかかりそうな気がする。

カットソーを扱う縫製工場さんでも
3mmカットしながら縫わなかったと思うんだけどな~


Home Sewing!で扱っているカットソーのパターンは全て7mmの縫い代付きです。
(3mmカットせずに縫い上がる縫い代幅/最大かがり幅使用時)

基本ご自身がやりやすい縫い方をおススメしていますが
こういう縫い方もあるので、ぜひお試しくださいね♪




スポンサーサイト

| [ソーイングあれこれ]おススメ洋裁本 | 10:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上達への近道って?

最近カメラにはまっています。
(またハンドメイドの話じゃないんかい!怒 ・・・とお思いの方、
最後までお付き合いくださいませ~^^;)


カメラとハンドメイドを絡めて
ちょっとやりたいこと(表現したいこと)がありまして。

ちゃんとモノとしてご紹介できるのはまだまだ先のことですが
とにかく、カメラの機能を覚えたい。


知識がないので ハウツー本を読んで自己流で撮っていましたが、
それでは どうしても限界があります。

何より、モノにするのに時間がかかる。(←センスが良ければそんなことありませんが。)


分からない事はプロに訊くのが一番手っ取り早い。
事実、ハウツー本を読んでいてモヤモヤしていた事が
プロに訊く事で一発解決!

時間の短縮にもなって経済的。



例えばね、下の写真。
本当は赤いバラの部分だけ浮き出して
背景はもっと暗くしたかったのですよ。
photo-lesson3-i.jpg

撮り方が分からないから あーだこーだと試してみます。

先生がいなかったらネットで 『バラの花を浮き出す撮り方』 と
検索して調べていた事でしょう。(検索時間に4~5時間はかけるかな?)




でもプロは知識が豊富です。
私が撮りたいイメージを察知してアドバイスをくれます。

photo-lesson3-j.jpg
上の写真は日陰に咲いているバラだけど、
花の部分には日光が当たっているバラを探し出し
露出アンダーめで撮ったもの。
(お~!なんかイメージっぽい!!)



さらにレタッチで画像の明るさを暗くしました。
photo-lesson3-k.jpg
イメージ通りの出来上がりとはなりませんでしたが、
撮り方を知ることができました。

その後、私のイメージをプロが撮るとこうなります。→
いや~ん。流石です!!(*>ω<*)

しかもプロは素人が知らない情報も教えてくれます。(これ大事!)
素人が想像にもしない撮り方を惜しげもなく教えてくれます。

お金を払ってでも通う価値があります。



では、ハンドメイドを始めた初心者さんが
手っ取り早く上達するにはどうしたらいいでしょう?

ハンドメイドや洋裁の教室に通えるなら問題はありませんが
お子さんが産まれてからハンドメイドを始める方も多いでしょう。

育児をしながら空いた時間にハンドメイドとなると
ネットや本が主流になると思います。

ネットでは私のブログを参考にして頂くとして~(笑) ・゚・ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ・゚・オイ!!!


洋裁本でおススメなのはこちら。


↑こちらの本は洋裁なんて中学校以来だわ~という、お裁縫の入口を知りたい初心者さん向け。
玉結びってどうやるんだったけ?
返し縫いってどうするの?
布ってどれも一緒じゃないの?
ボタンが取れた!どうやってつければいいの?
・・・という 右も左も分からない方向けです。

手縫い、ミシン縫いの基本の他に 
縫い代の始末、バイアステープ、ポケット、ギャザー、ダーツなどの部分縫い
も掲載されています。

おススメはファスナーと金具(ハトメ・カシメ)の付け方が載っていること!
本の後半はかわいい小物の作り方が載っているので
『洋服はまだ敷居が高くて作れない。でも小物類は作ってみたいな~』
という方にはうってつけです。
オールカラーで見やすいので、これ1冊あれば基本の縫い方を身に付けつつ
小物も作れちゃいます。




基本の縫い方は分かっている。(玉結び、返し縫い、まつり縫いなど)
小物もそこそこ作れる。(園グッズを作ったことがある)
子供服にチャレンジしてみたい。もしくはもう少しきれいに縫いたい。

という方にはこちら↓↓↓

発表会のための少女の服発表会のための姉妹の服でおなじみの
かわい きみ子さんの教則本です。
ミシンソーイングに関する用語や技術を フルカラーで丁寧に説明しているので
この1冊で基本の縫い方を知るには十分だと思います。
これらの技術を応用して 【バケツ型のミニバッグ】【女の子ワンピース】が作れます。

※余談ですが、かわいきみ子さんの作業する手が本に写っています。
長年洋裁に携わってきた職人の手・・・って感じで憧れる手です。
私もこういう手になりたいな~




ある程度、基本をマスターしている方が
もっと掘り下げて技術を身に付けたい場合はこれらがおススメ!




私が買うなら上2冊です。
きれいに縫うための基礎の基礎はほんっと、洋裁をするなら身に付けたい基礎のテクニックが
惜しげもなく網羅できています。
オールカラーではありませんが、そんなのは問題じゃありません。
そこそこ洋裁ができる人が持っていても損はない基礎本です。

パターンから裁断までの基礎の基礎は型紙を写す方法から裁断まで、
また補正の仕方が丁寧に載っています。

私的には生地の柄合わせが参考になります。
チェックの柄合わせとか大柄って結構めんどくさいんですよ。
身頃脇や袖の接ぎ合わせ部分をパターンのどの位置で合わせるかなど
再確認するのに役に立ちます♪
ただし、ある程度他の洋裁本と被る部分もあるので
本屋さんで中を確認してから買う事をおススメします。




でもね。

何事も上達するのに近道はありません。(笑)

ただ知識を知らずに右往左往するのと、
知識をもってイメージに近づけようと右往左往するのでは
上達する速さが違いますよね。

できれば良い先生を見つけて教えて頂くのが一番ですが
それが難しいなら良い本に出会うのもひとつかと。



ぜひ、お試しあれ~




≫ Read More

| [ソーイングあれこれ]おススメ洋裁本 | 11:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |