Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子供服と大人服の違い

先月、久しぶりに大人服を作ってみて感じたこと。


長女が産まれてから早9年。。。
これまで自己流で子供服を追求してきました。

その合間に 『大人服も作って~』 とお願いされたこともあったんですが
子供服を極めるまでは!・・・と思ってずっとお断りしていました。

長女、次女と入学式のスーツや
その他のアイテムを色々作ったことで
最近、一応の区切りがついたかなと思っています。

その区切りがあったので、
ママ友のフルオーダーもお受けすることが出来たのですが
今まで子供服の作り方の考え方だったので
大人服に戻すのが (感覚を取り戻すのが)大変でした。


子供服と大人服、
似て非なるもの・・・です。


私がパターンメイキングする時の脳内イメージ。

子供服は 筒状の牛乳瓶。

大人服は ウエストシェイプされたコーラの瓶。(笑)


イメージ、伝わるでしょうか?( ̄▽ ̄)



ともかく子供服って、ストーンとしているんです。
体のラインにメリハリがないので、
筒状のものを広げたり、すぼめたりして服の形にしている感じ。


それと違って大人服は胸があって、お尻もあってで立体的。
立体的に組み立てるために、ダーツ取ったり、展開したり
広げたり、すぼめたりして服の形にしていくので複雑な感じです。

ただ、基本となる部分は一緒で
運動に必要なゆるみの箇所とか、アイテムによる原型操作だとか同じ。


注意すべきことは
子供服を作る時は頭にお花畑が広がっている状態なので
大人服を作る時には そのお花畑を別な物に切替ないと
とんでもない代物ができてしまう恐れがあります。

脳内お花畑で自分服を作ってしまった日には
目も当てられない・・・ (/ω\) アカーン!



例えばAラインワンピースのデザインで 親子お揃い服を作るとしたら
子供はフレアーをたっぷりにとっても
大人はフレアーを抑え気味にするとか。

子供の身幅はゆったりとしていても
大人はタイトな作りにするとか。

全く同じデザインであっても
子供と大人では同じシルエットでは作れない(作らない)。

それは骨格の違いだけではなく、
子供と大人の雰囲気の違いでもありますね。


ここ暫くは子供服ばかり作っていましたが
リハビリがてらに自分服を作って感覚を取り戻す必要があるかも~



・ ・ ・ と、
久々に大人服を作ってみて感じたことでした。




スポンサーサイト

| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 10:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tシャツの付け衿に適した生地(ニット)って?

先日、【無料型紙】おんなの子BasicTシャツ について
『付け衿も身頃と共布で仕立てたい場合、どの生地が向いているのか?』
という、ご質問をいただきました。 

サンプルTシャツを作る時、付け衿も共布(天竺ニット)を使用したのですが
これに結構驚かれたらしい。


付け衿部分はスパンテレコやポリウレタンが入っているニットを
使用するのが一番適しています。

でも それだと身頃の生地に合わない場合や
生地を余分に購入しなければいけなかったり・・・と
ムダが多かったりします。

Tシャツを作る時、
付け衿も共布で作れれば在庫削減になると思って、
過去にも『パフTシャツ 衿の考察』 というブログを書いています。

が、問題は付け衿部分で、ここがゆるゆるになると
だらしなく見えるんですよね。


なので、生地によって衿ぐりの縫い方を変えましょう!



薄手のニット生地(下着に使用されている薄さ)なら
薄地で衿ぐりパイピング始末をする縫い方 (ニット編)』を試してみましょう。

piping-1e_2014100809560246c.jpg

この場合 衿ぐりは広めの方が適しています。
おんなの子BasicTシャツなら衿ぐりの縫い代分をカットして始末します。
パイピング布の寸法は5cm幅×衿ぐり寸法(0.93)が目安。



普通地ぐらいのニット生地なら
ニットで衿ぐりをパイピング始末(四ツ折バインダー)する縫い方(その1)』 を試してみましょう!

manon-2bb.jpg



厚地のニット生地なら三つ折りバインダー始末。
※ただ今準備中! しばしお待ちを。



市販品でも共布で付け衿を作っているものがありますね。

付け衿の出来上がりは好みにもよるので
キッチリと衿の感じを出したい場合はある程度の厚みと
ニットの戻りが必要です。

ゆるい、ナチュラルな感じを出したい場合は
薄手の付け衿もアリかと。。。


素材によって出来上がりは異なるので
共布の付け衿がイマイチなら縫い方を変えてみてくださいね。

BasicT-neckline-a.jpg
こちらは素材別による衿ぐりの違い




| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 11:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素材別による着用感の違い

こんにちは!
先日はBasic Tシャツのモニター募集にご協力頂きまして
誠にありがとうございます。

無事8名の方にご応募頂きました。
お品は昨日全て発送しております。
どうぞ宜しくお願い致します!

※まだ160サイズのみ モニター様を募集してます。
モニターしてもいいよ~という方、ぜひこちらまで宜しくお願いします!!→



さて、前回のBasic Tシャツのサンプルは
テンションの低い天竺素材で作りました。 


素材別によって着用感も違うので その違いをご紹介。
※前回のサンプルを元に少し修正してます

●こちらは ほどよく伸びる天竺ニット
BasicT-plain.jpg
胸元の編模様がかわいい♪



BasicT-plain-a.jpg
着用してみてきつくはないんだけど
見た感じのコンパクト感強し!

腕を上げると胸元に生地がたまりやすい。
気にはなるけど、既製品でもよくなる事なので
特に問題視しなくてもよさそう。

袖口上がりは小さめ。



●C&Sさんのフレンチフライス
BasicT-frenchrib.jpg
素材の質感は一番いい!
色も落ち着いたシックな感じで大好きな生地。



BasicT-frenchrib-a.jpg
だけど、縫製にはかなり泣かせられます。^^;

縫製中によく伸びるので、肩線はロックミシンの差動送りで
1.3 縮めながら縫いました。

袖口、裾周りのミシンステッチでかなり生地が伸びるので
袖口の上がり寸法が 天竺ニットより大きくなりました。

身幅のきつさは全くなく、むしろ余裕があるぐらい。



●スムースニット
BasicT-Interlock.jpg
肌触りが良く、伸びもいいしニットの戻りもいい。



BasicT-Interlock-a.jpg
コンパクト感を保ちつつ、身幅の窮屈感がない。

同じく袖口や裾周りにミシンステッチをかけると伸びるけど
フライスほどではないかな。

アクセントに布帛でポケットを付けました♪



素材別で衿ぐり周りも違います。
BasicT-neckline-a.jpg

共布にこだわって縫い上げるとこんな感じ。

今回使用した生地は とてもよく伸びるニット地なので
頭が通らない心配はありません。



以上、『素材別による着用感の違い』でした♪




| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 14:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラグランスリーブで失敗した事

こんにちは。
本日もご訪問ありがとうございます。


クララとアメリーの長袖バージョンのサンプルを最初に作った時
ある失敗をしてしまいました。

その失敗作がこちら。
Clara-long2a.jpg
とても柔らかなWガーゼ。お気に入り生地なんですけどね

もとは半袖のパターン。
単純に袖丈を伸ばして長袖パターンにしたサンプルです。

・・・そうするとですね。

着用してみるとですね・・・
Clara-long2b.jpg




肩に変なシワが出ます。
Clara-long2c.jpg

肩の生地がつれてキツそうです。



Clara-long2d.jpg

肩周りにギャザーがたっぷりあるし
袖幅も充分あるのに
腕を曲げた時の運動量が不足気味。
袖丈も短い。。。

これは長袖なのに半袖の運動量しか入っていないから。

長袖は肘を曲げたりする運動量が入っていないと
今回のようなツレた感じになりやすい。
でも単純に袖丈を出しても肩のツレは解消しません。

パターンでいうと袖山が足りない状態なので、
運動量を出すために袖ぐりを深くしてあげれば良いのですが
元型はいじれない。

なので袖側で運動量を出すためにいじっています。
これはギャザー分量が入っていたから出来た事ですが
パターンに興味がある人は
半袖と長袖の袖を重ねてみて違いを確認してみてくださいね。



ちなみにこちらが修正後。
Clara-nagasode-a.jpg

袖丈は2cmだけ長くして、ギャザー分量を減らしましたが
充分袖周りのゆとりを感じませんか?




さてこちらも失敗作。
Amelie-longT2a.jpg



着丈を3cmほど長くして裾に綿レースを付けました。
Amelie-longT2b.jpg
ワンピースみたいにしたかったのですが
裾につけた綿レースが着用時に思ったほど伸びず、ボツ。



上が修正後。下が修正前。
Amelie-longT2c.jpg

こちらも単純に半袖を長袖にしてしまい
肩周りがツレた状態になったので、袖山を高く修正しました。
(下が袖山が低く、上が高い状態。)



が、使用した生地は柔らかく伸びるスムース。
Amelie-longT2d.jpg

布帛(ふはく)より生地が伸びるので
ツレがそんなに気にならない。



Amelie-longT2e.jpg

アメリーの長袖バージョンだけだったら
この失敗に気付かなかったかも。


ラグランスリーブは奥が深く、難しい。
作図の仕方はわかっていても、応用がついていかない場合も. . . 。
特にダーツなしの1枚袖。
でも今回の失敗でだいぶ見えてきた事があるので
今手掛けているサンプルが上手くいけば
理論が合致した事になるのかな・・・?




| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 07:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オークション画像掲載サイズについて、皆さん知ってました?

こんにちは♪
本日もご訪問、ありがとうございます☆

今朝は東京でも氷がはる寒さだったらしい。。。
南国育ちなので、雪は好きだけど寒いのは苦手です。


さてさて、ようやくオークションに出品できました。
長らくお休みしていたので半年ぶり。
今まで作ってきたカットソーの集大成となっています。

今回の出品した服たちは全て
熟考を重ねて試作を積み上げて
作り上げたパターンと縫製になっています。

なので、今まで縫ってきた服の中で
一番自信持って提供できるお洋服♪
某有名量販店には負けない
クオリティの高いものになっていると自負しています。(`・ω・´ )


その細部を画像でご覧いただこうと思っていたのですが、
オークション画像にアップすると何故か画質が劣化する。。。
ブログにアップする画像と同じものなのに
オークションだとなんかボヤけた感じの画質になる。
何故だろう?とググってみたら
どうも画像のピクセルサイズによるらしいですね。

私はヤフーの『オークション使い方ガイド』にある
『640×480ピクセルのVGAサイズ程度に設定して撮影する』を参考に
データの容量が500KB以内に設定して画像を編集していたのですが
( 今は3MBになっていました)
この『640×480ピクセルサイズはオークション掲載に適した画像サイズではない』
という事が判明!!
実際は縦横600×600ピクセル内で画像編集しなければならず
それを超えるサイズの画像は自動的に縮小して掲載されるようになっていました。

これってかなりショック!!

そして、だから画像が劣化していたんだ〜と納得。

足掛け10年近くオークションをしてきていましたが、
この事実を初めて知りました。
それまで『デジカメで撮影したから画質が悪い』
『デジイチだったら画質がいいはず』
と思っていたので!!

初心者が参考にする『オークション使い方ガイド』に
紛らわしい説明をするのはやめて頂きたいわ!

今更ながら基本を知った訳ですが
皆さん、ご存知でしたか?!



知らないのは私だけ?
なら恥ずかしいわ〜〜

横道にそれましたが、あまりにもショックを受けた事実発見だったので
ブログにしちゃいました。

次回はお洋服について語りま〜す。
ではでは。




ランキングに参加しています。
一日1回のクリックがランキングに反影されます。
応援宜しくお願い致します!

↓ ↓ ↓ 今までカメラのせいにしていた自分が恥ずかしい〜〜
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↓ ↓ ↓ あ〜だ、こ〜だと画像編集していた苦労が報われなかった事が空しい。
br_decobanner_20110604111633.gif

| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 12:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT