Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

久々の生地買いで・・・

先週末に新宿オカダヤに用事があったので
一人行ってきました。

久々のオカダヤ。
生地館と服飾館、各フロアをなめまわすように見て回りました。

ちょうどハロウィン特集として仮装に関したグッズが
色々と取り揃えられていて、来年用に何かないかと刺激されまくりです。

そして服飾館の7F展示スペースがえらいことに!
ちょっと一人じゃ怖くて入れなかったよ~


オカダヤでは生地のリサーチが目的だったので、あまり買わなかったんですが
チャコペンとボタンを購入。
普段は水で消えるタイプのチャコペンを使用しているんだけど、
自然に消えるタイプが欲しかったんです。

それと衝動買いしてしまった Buttons Galore (ボタン・ギャロア)のバリューパック。
雪の結晶のボタンが入ってるの~♪


それからついでに・・・と、ユザワヤへ。

なんと 60周年感謝祭 をしてました。
ラッキー♪

結構な目玉商品あり、で
偶然居合わせたことにテンション上がりまくり。

買うつもりなかったのに、
買わなきゃ損!みたいな心境になってしまいました。^^;

2時間ぐらいウロウロして、こちらを購入。
kaimono-c.jpg
カラフルなプリント生地。
これで娘たちのスカートを作る予定。



kaimono-b.jpg
こちらのネイビーの綿麻生地は
昔作ったパフ・パンツを、ガーリーにアレンジして作る予定。



あと、ロックミシン糸とニットタイプの伸び止めテープも購入。
kaimono-a.jpg

伸び止めテープは薄くて伸縮があるので、
貼った箇所が硬くなりすぎず、ソフトな仕上がりになります♪
ポケット口、衿ぐり周り、肩線、など
適度に伸びる方がいい箇所にも使えますよ~


誘惑の多い生地屋さんで、よくぞ これだけに絞れたな~と
我ながら感心。笑

ほんと、ユザワヤでは万札が飛び交いそうになりました。。。



新宿店タカシマヤタイムズスクエア店の
60周年感謝祭は11/1(日)まで ですよ!





スポンサーサイト

| [ソーイングあれこれ]ソーインググッズ | 14:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パターン作図に必要なもの

久々にハンドメイドネタです。
私が普段パターンを作図する時に使う道具類をご紹介♪



他にも作図に使う道具があるのですが、主にこれらを使用します。
sewinggoods1-a.jpg

左上から時計回りに。

ルレット/目打ち/メジャー/消しゴム/2Hのシャーペン/カッター
婦人・子供の原型/60cm方眼定規/30cm方眼定規/2.5cm幅30cm方眼定規
Dカーブルーラー





sewinggoods1-b.jpg

それと文鎮。

あと写真を撮り忘れてましたが、メンディングテープも必需品です。


・ルレットはトワルを組み立てた時のラインを紙に写す時や作図で使用します。

・目打ちは合い印を写したり、パターン展開をする時
 基点となる位置を押えたりします。

・シャープペンシルは2H派。HB、F、Hよりは芯が柔らか過ぎず、硬過ぎず
 引いた線も濃過ぎず、薄過ぎず、使いやすいというのが持論。

・カッターはたぶん大きい方を使っていると思います。
 これは会社で使っていたから、なんとなくそのままなんですが、
 人によっては細いタイプを使う方もいます。
 私はカットする時、力が入るタイプなので大きい方が安定します。

・婦人/子供の原型については後日、語りますね。(長くなりそうなので)

・方眼定規は断然60cmが使いやすいです。
 50cm差しだと、どうしてもあと少し足りない...という事が多いので。
 この定規には1.2cmの平行線がありますが、0.7cmの線はありません。
 なので自分でカッターで定規に線を引いて使用しています。

・30cm方眼定規は使用済みの60cm方眼定規を半分にカットしたものです。
 主にパターンをカットする時や布を裁断する時に使います。
 パターンを作図する際、方眼定規を使ってカッターでカットするので
 どうしても使い込むとキズがつきます。直線が引けなくなってきたら
 30cmにカットして裁断用に回しています。

・2.5cm幅30cm方眼定規は衿ぐり、袖ぐりの寸法を測るのに使用します。

・Dカーブルーラーは衿ぐり、袖ぐりなどのカーブを描くのに使います。
 
・文鎮はパターン用紙を固定するのに使います。

・メンディングテープはパターンを展開する時に繋ぎ合わせたり、貼り合わせたり
 修正したりする時に使います。
 のりや一般的なセロテープでは、接ぎ合わせた部分が縮んだり波打ったりして
 正確さに欠けてきますが、メンディングテープはその心配がありません。
 また、繋ぎ合わせた上から字が書けるのも便利です。


他にも便利な作図用品がありますが、だいたい以上の物で事が足ります。
意外とシンプルでしょ?

あとボディも必需品ですが、こちらも別な時にご紹介しますね。




60cm方眼定規×5cm幅

いつもはオカダヤで買っているんですが、1890円と高額!
たぶん同じ物だと思うんですが、ここが楽天の中で一番安かったです。




30cm方眼定規×2.5cm幅

これはオカダヤとあまり値段が変わらないです。





Dカーブルーラー






パターン用文鎮

一番ベーシックな文鎮です。
重ねて収納できるので場所を取らないのは重宝します。





3M メンディングテープ 15mmが使いやすいです。

メンディングテープは3Mのスコッチがアパレル会社や学校でよく使われています。
市販で購入すると高くてお財布に厳しかったですが、
ネットだと随分お得で助かります。^^




メンディングテープの廉価品。

大塚商会が出しているたのめーるオリジナルのプライベートブランド。
3Mよりは安価です。性能もさほど変わりません。





ランキングに参加しています。
一日1回のクリックがランキングに反影されます。
応援宜しくお願い致します!

↓ ↓ ↓参考になったわ~と思ったら クリックお願いします。
br_decobanner_20110604111633.gif



↓ ↓ ↓ 次回は原型ネタです。クリックもお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

| [ソーイングあれこれ]ソーインググッズ | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソーインググッズ/パターン用紙

娘たち、復活しました。
パワーアップして困っています。

元気がないのは困りますが、ありすぎても困る。。。
ほどほどのパワーで母さんにハンドメイドさせてくれや~(涙)





さてさて、本日のブログネタは
『気になる人様のソーイング環境』

巷には素敵なハンドメイドブロガーさんがたくさんいますが
その人たちはどんな環境で、どんな道具を使って
どんな風にソーイングされているのか、興味ありませんか?
(私だけ? めっちゃ知りたがりなんですけど(笑))


少しずつ、私が使用しているソーイングの道具類を紹介していこうと思います。

まずはパターン用紙。
パタンナーには命!
これがなきゃ仕事になりません。

今までパターン用紙は会社で使っていたのを
退社を機に頂き、それをちびちびと使っていました。
先日、手持ちのパターン用紙が無くなったので補充しなきゃ~
と思ったのですが、何処で仕入れしたのか分からない(笑)

近所の文房具屋さんとネットで探しまくりました。



画像はパターン用紙2種。
patternpaper1-a.jpg

下側がハトロン紙。
上側がクラフト紙です。

パターン用紙といっても用途によって色々種類がありますが
一般的なものを紹介します。



製図用ハトロン紙。重さ:38kg。サイズ:788×1091mm
patternpaper1-b.jpg
※上記の重さは連量といい、一定の規格の紙を1000枚重ねた時の重さです。
重い=紙の厚みがある。 軽い=紙の厚みがなく薄い。

ハトロン紙は薄くペラペラしているので
ソーイング本のパターンを写しやすいです。





晒クラフト紙。重さ:86.5kg。サイズ:900×1200㎜
patternpaper1-c.jpg

ほどよく厚みがあるので、
ソーイング本のパターンは写しにくいです。


私はパターンを製図するときは晒クラフト紙を使用しています。
原型を操作したり、ダーツ展開をしたり、ラインを調整したりするので
何度も書き直しします。
その為、紙にある程度強度が必要になります。
出来上がった製図の元型はカッターで裁断し、
縫い代無しの元型を作ります。

↓こんな感じ
patternpaper1-d.jpg

この縫い代なしの元型を使って
ギャザーやタックなどを加えたパターンを作ったり、
デザインアレンジしたパターンを作ります。

パターンを操作する時、紙に厚さがないときれいに写せません。
せっかくパターンを引いても
この写し取る作業の段階で正確に写せなければ意味がない。
その為にも、ある程度紙に厚さ、固さが必要です。



ハトロン紙は量産用パターン(縫い代付)
を作る時によく使います。
量産用パターンは両身頃で作るので
収納する時、紙に厚みがあると袋がパンパンに膨らみます。
ハトロン紙だと重ねても紙が薄く収納に便利です。

ただし、小さいパーツは晒クラフト紙で取っています。
小さいパーツを裁断する時、
重しをのせるとパターンが浮き上がるのを防ぐ為です。
大きいパーツはハトロン紙、小さいパーツは晒クラフト紙がベストかな。


上記以外のパターン用紙も色々ありますが
私はこの二つを愛用しています♪



ハトロン紙はこちら↓
製図用紙 38kg 20枚入り

製図用紙 38kg 20枚入り
価格:483円(税込、送料別)





晒クラフト紙はこちら↓
e69992e382afe383a9e38395e38388-150x150.jpg
6,620円 1束250枚 1枚あたり26.48円
サイズ : 巾900×長1200㎜ 86.5kg



晒クラフト紙、少量欲しいんだけど。。。
という方はこちら↓(ちょっと割高ですが)
クラフト紙(晒) 108kg 5枚入り

クラフト紙(晒) 108kg 5枚入り
価格:840円(税込、送料別)




晒クラフト紙は文房具店でも取扱っています。
お店の人に『晒クラフト紙ハトロン判/サイズ900×1200mm』
で問合せしてみてください。
1枚70~90円ぐらいで購入できます。





ランキングに参加しています。
一日1回のクリックがランキングに反影されます。
応援宜しくお願い致します!

↓ ↓ ↓タメになったわ~と思ったら クリックお願いします。
br_decobanner_20110604111633.gif



↓ ↓ ↓ 次回は製図道具ネタです。クリックもお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

| [ソーイングあれこれ]ソーインググッズ | 08:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |