Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オトナなピアノ発表会ワンピ ~ソーイング・メモ~

知人の先生からのオーダー、
ピアノの発表会用のオトナなワンピース
出来上がりましたよ!

こちらでは縫製中に気付いた事をメモとして記載しています。




過去記事で載せたトワルですが(☆)
スカートの脇フレアーが前後中心に流れている事に
気付きました(汗)
fujinop-3.jpg
↑修正前
脇位置のフレアーが出ていません。





↓修正後
fujinop-8.jpg
脇の位置で1cmつまみフレアーを出しました。





【裁断・縫製について】
トワルの段階で衿ぐりラインが結構伸びていたので
芯を貼ることにしました。

大きく開いたVネックなので生地がバイアス地となり
衿ぐりが伸びやすくなっています。
綿素材なら衿ぐり周りに伸び止めテープを貼るといいですが
動きやすいジョーゼットですし、
スカートのフレアー分量も多いので
上身頃にかかる重みが増して余計に伸びやすくなります。

なので上身頃全体に伸縮の良いトリコット芯を貼りました。



まずは表地を型紙より大きく裁断。
fujinop-a1_20110404183010.jpg





芯も同じ様に型紙より大きく粗裁ちします。
fujinop-a2_20110404183009.jpg





アイロン台の上にハトロン紙を敷き
表地、芯、当て布(白っぽい手拭いを使用してます)を重ね
アイロンの温度は中、ドライで芯を貼ります。
fujinop-a3_20110404183009.jpg

ハトロン紙をアイロン台の上に敷いておくと
芯地の糊が溶けてもアイロン台にくっつくのを防げます。

アイロンに体重を乗せながら
10秒ぐらい押し当ててかけます。
アイロンはスライドさせない様に
そのつど持ち上げてまんべんなく押えます。



充分冷ましてから型紙をのせて裁断します。
fujinop-a4_20110404183009.jpg

全面接着の場合、芯を型紙通りに貼ってしまうと
接着で縮んでしまった場合に修正が出来なくなります。
予め粗裁ちしたものに芯を貼ってから裁断すると間違いがないです。

あと、後開きのファスナー位置にも芯を貼りました。

フレアースカートの縫製はスカート裾から縫います。
裾から縫うと生地のほつれも少なく、
スカート裾がずれる事なく縫えます。



【裏地の裁断について】

裏地はすべりがよく、動きやすいので扱いづらいですが
パーツごと使用する丈分を粗裁ちすると楽です。

fujinop-a5_20110404183008.jpg

生地端に切り込みを入れ、手で裂きます。
(ビリビリッと勢い良くやっちゃって下さい。気持ちいいですよ~)





耳はつれやすいので斜めに切り込みをハサミで入れます。
fujinop-a6_20110404183008.jpg

スチームアイロンで地直しします。





私が使用している裁断マットは無地のゴム板ですが
方眼入りのカッティングボードを使用すると
縦横の地の目を通して乗せれるので便利です。
fujinop-a7_20110404183112.jpg

パターンの上に重しを置いてロータリーカッターでカットします。
(まち針で止める時はずれないように注意します)

裏地を縫うときのミシン針は9番。
糸は60番手を使用しましたが、90番手の方がおすすめです。
試し縫いをした時、生地がつれるようでしたら
上糸と下糸の糸調子をゆるめ、あとミシンの押えの圧力も弱めます。
これで薄物がきれいに縫えます。



★カッティングボードはできるだけ大きい方が使い勝手が良く重宝します。
これは方眼目盛も付いているのでいいですよ。
値段は高めですが、作業の効率を考えると元は取れます(笑)★





★ロータリーカッターは28mmがおすすめ。
小さい方が小回りが利くので細かく裁断できます。★






★ロータリーカッターを手にしたならこれも。
まち針で止めると起きやすい布ずれも防げます。
作業の効率化が一段と違ってきます。★





スポンサーサイト

| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オトナなピアノ発表会ワンピ♪ ~完 成~

知人の先生からのオーダー、
ピアノの発表会用のオトナなワンピース
出来上がりましたよ!


デザイン画はBとCのミックスでした。
fujinop-1.jpg

どうミックスしたかというと。。。





こんな感じ♥
fujinop-1a.jpg

赤がまぶしい~・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚






fujinop-1b.jpg

上身頃はタイトに
深めのVラインがオトナの色香を醸し出しています(笑)
ハイウエストから広がるフレアーラインが
これまたエレガント♪





fujinop-1c.jpg

胸元に黒地の水玉コサージュでアクセント。
これだけで全体がグッと引き締まります。





fujinop-1d.jpg

スペインの雰囲気を保ちつつ
ピアノの発表会というエレガントさも出たかな?





fujinop-1e.jpg

スカートの裾周りは軽さを出すために
全て手まつりで裾上げしています。

スカート裾からチラリと見える水玉。
バイアス地に裁って巻きロックをかけ、ギャザーを寄せています。
歩くたびに赤いスカートからフリフリと揺れる様は
狙い通りの出来上がり☆



しか~し、先生に届けるまでは
気に入ってもらえるかどうかドキドキ。



その後、着画を頂けたらそちらもアップしますね。




| [オーダー]オーダーのお品たち | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幼稚園用スモック

長女が年中さんになるにあたり
追加の入園グッズが必要になりました。

スモック(エプロン)です。


園指定のスモックというのがないので
自由に作っちゃいました。

smock-1a.jpg
丸ヨークのスモックです。

巷のギャザースモックは作りたくなかったので
(パタンナーの意地 (笑))
シックで、可愛く、かつ機能的なものを目指しました。





黒地にみじんこドットなので、ちょっと目がチカチカします。
smock-1c.jpg





ポケットの縁取りはギンガムチェックでアクセント。
smock-1d.jpg





ボタンは一個だけで、かぶりタイプになっています。
smock-1e.jpg





前を開くとこんな感じ。
smock-1f.jpg

ボタン一個だけだと、開きの部分が開くかなと思って
間にマジックテープを付けましたが、
無くても問題はないかも。





後はこんな感じ。
smock-1b.jpg





着画です♪
smock-1g.jpg

園の制服と合わせたら、なかなかのフレンチシック。
服装だけはフランスの幼稚園児みたいじゃありませんこと?

中身はバリバリ日本人だけどね(笑)




| [ハンドメイド]オリジナルパターン | 06:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チュチュスカート♪

ギャザースカートを作りたいと思いつつ、
でもありきたりなギャザースカートは作りたくないな~と。

なんとなく、こうフワフワしてて
動くとヒラヒラ~として、バレリーナのような。。。
という頭の中にあったイメージをサンプルで作ったら
娘2人にヒット!したので(笑)


春を感じさせる、2011春柄リバティ クリッスルで作りました。
k100-a-tutuSK.jpg

ハート、お花、チョウ、水玉。。。
小さなモチーフが集まってペイズリー柄をかたどっています。
カラフルでウキウキワクワクしちゃう模様たち。

最近自分の中でヒットしているリバティです。





生地巾いっぱい取ってふんわり感アップ~
k100-c-tutuSK.jpg

スカート部分、ギャザーをたっぷり取っていますが
スカートとベルトを切り替えて付けているので
ウエスト部分に厚みが出る事がなくもたつきません。





スカートは4枚仕立て。
k100-b-tutuSK.jpg

表地、チュール2枚、裏地となっているので
1年を通して着用する事ができます。





さらに!スカートの中でチュールを切り替えて縫い付けているので
ふんわり感アップ~なのです。
k100-d-tutuSK.jpg

もっとチュールを使いたい気持ちになりましたが、
やりすぎては元も子もないので、ほどほどに。

着画が撮れませんでしたが
サンプルのスカートを着用するとウエストからふんわり広がるさまは
正しくバレリーナのようでした♪





前後の区別がつくように
ローズカラーのサテンリボンを付けています。
k100-e-tutuSK.jpg

お洗濯はチュールやレースの風合いを保つためにも、
洗濯機は避けて手洗いをする事をおすすめします。
スカート地に付いた汚れ等は手で部分洗いをし、
全体は優しく押し洗い、振り洗いしてあげると風合いが長持ちします。

似合う似合わないは別として
大人も着たらウキウキワクワク、楽しくなっちゃうだろうな~*^^*




| [ハンドメイド]オリジナルパターン | 18:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギャザーレース・スカート♥

こちらはロマンチックなスカート♪

前回のチュチュ・スカートと同じく
フワフワしてて、ちょっとガーリーで、乙女チックな(笑)
スカートを作ってみたい。。。
と思って出来たのがこちら。


ロマンチックなギャザーレース・スカート。
リバティ Lisa's(リザス) ピンク系で作りました。
k101-a-laceSK.jpg

地のアイボリーカラーとピンクのお花が
レトロのような、アンティークのような雰囲気を持っています。





この雰囲気にはチュールレースが似合うでしょう!ってことで。
k101-b-laceSK.jpg

こちら!
乙女~な雰囲気満載です♥
かわいい~♪




たっぷりのギャザースカートからチラリと見える 
可憐で繊細なチュールレース。
k101-c-laceSK.jpg

アイボリーカラーで、リバティと相性良く。





チュールレースのアップ。
k101-d-laceSK.jpg

このチュールレースも繊細で溜息ものです。
主役はリバティなので、あくまで控えめになんですが
脇役といえど、リバティを支えるのだからそれなりに。。。





スカートは3枚仕立て。
k101-e-laceSK.jpg

表地、チュール、裏地となっているので
こちらも1年を通してご着用できます。

チュールを間に入れているので程よくふんわり感が出ています。
サイズは80サイズで膝丈ぐらい、90サイズで膝上丈ぐらいです。




前後が分かるようにローズカラーのサテンリボンでアクセント。
k101-f-laceSK.jpg

こちらもお洗濯はチュールやレースの風合いを保つためにも、
洗濯機は避けて手洗いをする事をおすすめします。
スカート地に付いた汚れ等は手で部分洗いをし、
全体は優しく押し洗い、振り洗いしてあげると風合いが長持ちします。



沈みがちな気分もリバティさえ見ていれば大丈夫。
何とかなるよ。ってな気分にさせられる私は
かなりのリバティ中毒?




| [ハンドメイド]オリジナルパターン | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT