Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桜日和***


sakura-biyori.jpg



sakura-biyori-b.jpg



sakura-biyori-c.jpg



sakura-biyori-a.jpg

満開の桜を求めて。

カメラ片手にお散歩♪


ほんのりピンク色の桜がとっても可愛くて。

あ~ 日本人で良かった・・・と、思ってしまう(笑)




sakura-biyori-d.jpg

咲き誇る桜の花ばかりに目が行きがちですが

足元にも色とりどりのお花が。



sakura-biyori-e_201404201723227b6.jpg

今年は娘たちと一緒に
ゆったり気分でお花見ができました♪

来年は桜色のワンピースを着て
お花見してみようかな?




スポンサーサイト

| [日々のこと]何気ない一日 | 08:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンプル縫い上がりました。

改訂版の子供原型を使って
パターンを作り直したフロランス。

やっとサンプルが縫い上がりました。


frorence-sample-1a.jpg
基本のデザイン。(丸衿・半袖・ワンピース丈)



frorence-sample-1b.jpg
応用デザインA。(丸衿・長袖・ブラウス丈)



frorence-sample-1c.jpg
応用デザインB。(レース衿・半袖・ワンピース丈)



トワルの段階で確認しきれなかったことを
このサンプルで確認して修正します。

2ヶ所気になるところがありますが、そこを直せばOK!


いつもなら1着縫うのに 1日あれば縫い上がるのですが、
縫製レシピ用の写真も撮りながら縫っていたので
1着縫うのに3~4日かかってしまいました。(汗)

2着目、3着目は部分縫いの画像を撮ったんだけど
それでも時間がかかったな~。

頭の中で縫製手順を考えながら 写真を撮りつつ縫うのが大変。

でも、この膨大な量の画像を編集するのが もっと大変。



まー、画像編集はぼちぼちするとして
グレーディングを急がねば。。。




| [ハンドメイド]オリジナルパターン | 22:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーダー:園グッズ


お友達から娘ちゃんの園グッズを頼まれました♪


youtiengoods-1a.jpg



youtiengoods-1b.jpg



youtiengoods-1c.jpg



youtiengoods-1d.jpg

一緒に新宿ユザワヤに行って、生地を選んできました。

メインはピンク色で統一。

サブで使う分はパープルで。


色違いだけど、全体では統一感があるように。


アクセントにブレードをつけたら
とってもガーリーな雰囲気になりました♥

お気に入りのグッズで楽しく園生活を送ってほしいな♪



今回、お友達の希望で
外履き用シューズケースとコップ袋、お弁当袋は
汚れ防止に撥水加工の内袋を付けました。

これが結構便利!

内袋の付け方もそんなに難しくなかったので、
こちらも縫い方をアップしたいです。





・・・・そのうちね。^^;




| [オーダー]オーダーのお品たち | 13:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

袖口にゴムを入れる縫い方(基本)

前回 『別布を使って袖口にゴムを入れる縫い方』を
アップしましたが、
基本の縫い方もアップしておきます。


①袖口の縫い代を3cm取ります。
sodeguti-gomu-1a.jpg



・・・と、その前に袖のパーツのどっちが
前か後か分からなくなる場合がありませんか?
sodeguti-gomu-1b.jpg
私は袖パーツ(裏側)の前側にチャコペンで印をつけておきます。
これなら袖下を縫い合わせても
印が付いているので 前後が分かりやすいです。



②袖口の縫い代を1cmと2cmに、アイロンで折り目をつけます。
sodeguti-gomu-1c.jpg



③袖口の折り目を開いて袖下を縫います。
sodeguti-gomu-1d.jpg
その際、袖口部分はゴム通し口を1cm開けておきます。

出来上がり線位置に向けて斜めに切込みを入れます。
袖口の切込み位置を避けて
ロックミシン、またはジグザグミシンで縫い代の始末をします。



④袖口の縫い代を両割りにし、ゴム通し口の周りにステッチをかけます。
sodeguti-gomu-1e.jpg



⑤袖口を出来上がりに折り上げ、0.5cmと1.5cm幅のステッチをかけます。
sodeguti-gomu-1f.jpg
画像はステッチをかけ終わった状態ですが
袖口にステッチをかける場合、
袖を表に返して 筒状になった袖の内側からステッチをかけます。
※画像の状態だと外側からステッチをかける事になりますが、とても面倒です。

袖口に0.5cm幅のステッチをかけるのは
中にゴムを入れた時、ゴムが捻じれてしまうのを避けるためです。
※スカートやパンツのウエストゴムにも応用できますよ。



⑥ひも通しを使ってゴムを通します。
sodeguti-gomu-1g.jpg
ゴム端は1cmほど重ねて返し縫いをし、縫い止めます。

私は、ひも通しはクロバーのはさみ式を使用しています。
スカートやパンツは幅広タイプ
ゴムを通す距離が短い場合は安全ピンを使っています。


応用として 袖口の縫い代を4cmにし、
ステッチ幅を0.5cm幅から1.5cm幅にすると
袖口にフリルがついたみたいで可愛いですよ。^^


ぜひ お試しあれ♪




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

衿ぐりにレースを縫い付ける方法

市販のチュールレースを使って
衿ぐりにレースを縫い付けてみましょう。

お洋服のイメージが一気に
レトロでガーリーなテイストになります♥

洋服の素材を変えればフォーマルな感じにも。

衿レースの作り方は意外とかんたん♪
さあ! Let’s try!

Tulle-collar-1a.jpg



①まず衿レースを作りましょう。
Tulle-collar-1b.jpg
レースの長さは 衿ぐりの長さ×1.3~1.5倍(ギャザー分量)

サンプルは 衿ぐり寸法が38cmに対し、ギャザー分量を1.3倍にしています。
レースの寸法は 38 × 1.3 = 49.4 cm
ここでは50cmにして使用しました。



②イメージをつかむため、衿ぐりにチュールレースを置いてみます。
Tulle-collar-1c.jpg
ちょっとチュールレースの幅が広いですね。
イメージは控えめな感じにしたい。



③チュールレースの幅が6cmちょっとあるので、4cm幅にカットします。
Tulle-collar-1d.jpg
チュールレースの端をカーブにカットします。
Dカーブルーラーを使ってカーブを決めるといいですよ。



④チュールレースにギャザー寄せミシンをかけます。
Tulle-collar-1e.jpg
縫い代0.5cmの位置でミシン目は3mmぐらい。
上糸の糸調子をかなり緩めにしておきます。

チュールレースにミシンをかけづらい場合は
インサイドベルト芯をミシンの押えにかませると進みやすいです。



⑤チュールレースにギャザーを寄せました。
Tulle-collar-1f.jpg
レースのカーブ部分が衿先になります。
これで衿レースができました。



⑥衿ぐりに合わせて衿レースを縫い付けます。縫い代0.5cmの位置。
Tulle-collar-1g.jpg
衿レースは後中心、衿付け止まりの順に合わせます。

ここで注意する点は、後衿ぐりのギャザー分量より、
前衿ぐりのギャザー分量を多めにすること
目分量で配分して構わないのですが、
衿先はカーブになっている分、ギャザー分量が少ないと反ってしまいます。
衿先が反らないようギャザーを多めに寄せて縫い付ける事がコツです。
(なので正確に求めるなら、後衿ぐり寸法×1.3倍 + 前衿ぐり寸法×1.5倍 にします。
 ギャザー分量は好みで変更してください)



⑦衿ぐりをパイピング始末します。
Tulle-collar-1h.jpg
縫い方は『衿ぐりパイピング始末を きれいに縫うコツ』を
参考にしてくださいね☆



⑧衿レースの出来上がり♪
frorence-sample-1c.jpg



いかがでしたか?
意外と簡単でしょ?

なのに、お洋服の出来上がり感はかなり満足できます。
チュールレースの幅や、
ギャザー分量を変えると また違ったイメージになりますよ♥
(ちなみにチュールレースの幅を広くしたら、ギャザー分量も多くすること)



ぜひ、お試しあれ♪




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT