Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Happy Halloween!! 2016 今年の仮装は何でしょう?

ここしばらく マニアックな話が多かったのですが
久々に ハンドメイド・ネタです。



2016-73.jpg

今年はネコとキツネに扮するつもりが・・・

出来上がりは マジシャンでした。。。(;´д`)トホホ




9月早々にこちらのマスクを100均でゲットしていたので

2016Halloween-a.jpg

ヴェネツィアのカーニバル』 をイメージに
ネコとキツネをハロウィン風に表現できないかな~と
デザインを試行錯誤していましたが。。。



どこでどう間違えたのか、ちびっこマジシャン。

てじな~ニャ ( ̄▽ ̄)



今年もお友達と一緒に ご近所の商店街へ。

2016Halloween-b.jpg
紫ネコちゃん、かわいいの~❤ (=^・^=)


今年は参加者が少ないのかな?
去年は卒園したお友達にたくさん会っていましたが
今年はそうでもなかった。
みんな忙しいのかしら。

小さいなお子さんが多くて、ママ達も仮装しているのが
若さを感じてうらやましい。。。


( ̄▽ ̄)ワタシモ アト10ネン ワカケリャネ。



「たまがわハロウィンフェスティバル 2016」 にも行ってきました☆

2016Halloween-c.jpg

う~ん、去年までは仮装していれば
無料でスタンプラリーに参加できていたのに
今年は500円以上のお買い物レシートが必要になっていました。

毎年 Reppeto(レペット)ウィンドウディスプレイが素敵で
その前で写真を撮るのを楽しみにしていたのですが
今年はお店が無くなっていてショック・・・ Σ(゚д゚lll)ガーン
後で調べたら本館へ移転してました。

何だか規模も縮小?している感じで
小さな子を対象としたスタンプラリーとなっていたので
参加は今年で最後かな~

まー、長女と同じぐらいの年齢の子は
ほとんど見かけなかったので年齢対象外なんだろうな。

今まで楽しませてくれてありがとう!



ある日、次女がせっせと工作をしていて
何を作っているんだろう?と思っていたら

ハロウィンの飾り付けでした。( ´∀` )

2016Halloween-d.jpg

なかなか上手です。
来年も頼むよ~♪


さてさて、来年はどんなハロウィンになるのかな?




スポンサーサイト

| [ハンドメイド]ハロウィン | 16:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハロウィン衣装の覚え書き

今年も楽しかったハロウィン衣装作り。

来年は何を作ろうかと、今から考えていますが
衣装作りの反省会もしておきましょう。



2016Halloween-costume.jpg

既に2度着用して洗濯したところなので
袖口のシワが気になりますが、そこは目をつぶってくださいね。


今回ジャケットのパターンはCADを使いました!
そして子供原型は改良版。

CAD、本当に便利です。
何が便利って 修正が簡単にできること。
いちいち新しくパターン用紙に引き直さなくていい。

例えば仮縫いで身幅が少し小さかったのを大きくする場合
今まで型紙を切ったり、貼ったり、線を引き直したり・・・としていましたが
これがパソコンの中で解決してしまうという、便利さ。

今までの手作業がいかに大変だったかが身に染みる。。。(/ω\)



改良した子供原型を使用した際の感想。

・・・を改良した本人がレビューするのも何ですが、ご参考までに。

以前、『 入学式用スーツ☆ 』 でもジャケットを作ったのですが
この時は改訂版・文化式子供原型を使用しました。

ボディに着せると少し前裾が跳ね上がっていたのが気になっていました。
これはボディに厚みがあるからかな?と思っていましたが
(実際、長女の着画では気にならない)
改良版の子供原型ではそれが気にならなかった。
(上の写真ではスカートにボリュームがあるので分かりませんが・・・(・_・;) )

あと、着用していて衿ぐりが後ろに抜けない事を確認できました。
逆に肩線が前寄りになるかも・・・と心配もしていましたが、
これも大丈夫でした。

作図の際、肩先のゆるみは追加しませんでした。(原型の肩線のまま)
肩パッドや裄綿を入れないし、インナーはシャツぐらいだし
体にピッタリとしたイメージだったので、そのまま作図。

ただ、パターン的にはジャケットの丈をもう少し短くして
ウエストをもっと絞れば良かった。
スカートにボリュームがあるので、ウエスト周りがもたついてます。


ジャケットの生地はハロウィン感を出すため
公爵夫人 』 という厚手のサテン生地を使いました。

マットな光沢感で、ほどよく生地に厚みがあります。
サテンというと、生地が逃げて扱いにくいイメージがありますが
これは裁断しやすい。
縫製もしやすいと思います。

難をいえば、生地にハリがあるためアイロンがかけづらいかも。
衿と見返しには薄手のニット地の接着芯を貼っています。

表衿は地の目を通したのですが、生地にハリがあるので
バイアスで裁断すれば もう少し柔らかく仕上がったかも。。。
衿の折り返し線が固くなってしまいました。

裏地無しの一重仕立てなので、衿周りにステッチをかけてます。
・・・が、ここのステッチがイマイチ。 要修行。


クモの巣の生地はオーガンジーです。
サテンのフレアースカートにチュール・50デニール
たたきつけてボリュームを出しています。
(70Dでは固すぎ、30Dではボリュームが少ない、15Dはウェディング・ベール用)
スカートの裾周りは裁ち切りで、あえて端処理はしていません。

着用していると 生地端がほつれてくるのですが
それがハロウィンっぽくてイイ感じになるだろうと目論んでいましたが
イイ感じにほつれる前にハロウィンが終わってしまいました。   (/ω\)ザンネン


*  *  *  *  *


さて、せっかく作ったジャケットのパターン。
もう少し改良してニットで作りたい。

どんな生地で作ろうかな~




| [ハンドメイド]ハロウィン | 12:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長女 Happy 10th Birthday ☆

もう2ヶ月も前の話なんですが記録のために。。。

長女が10歳の誕生日を迎えました。


10th-birthday-a.jpg

10歳という区切りの年に
今年はどんなお誕生日フォトを撮ろうかと
あれやこれやと考えを巡らせていましたが

長女は吹奏楽の練習やらイベントやらで忙しく
私もお手伝いやら学校の委員やら何やらで時間がとれず

結局、お誕生日の衣装が出来上がったのは
誕生日を随分過ぎてのことでした。。。 (/ω\)ゴメンヨ

季節はすっかり秋なのに
夏仕様の衣装ができてしまったので
まだ一度も袖を通していません。  ( ̄▽ ̄)アララ



一応ね、飾り付けのテーマは『 サーカス!
音楽の一年になりそうです。

ワンピースはパターン販売中の
パピヨナ―ジュラッフル袖バージョン。

バースデー・ナンバークッション は
1と0のクッションにするか迷いましたが
場所を取るので普通のクッションに 10 アップリケにしました~

10の周りには 最近女子力が上がっている
長女が好きそうなアイテムのアップリケを散らしています。

ここも もっとこだわりたかったんだけど
時間が思うように取れず。。。

しかも、せっかくのお誕生日フォトなのに 本人不在。 (/ω\)ザンネン




長女が産まれてから作りだした子供服。
初めて作ったベビードレスは似合わなかった~ (/ω\)

10th-birthday-c.jpg
胸には薔薇の刺繍を施しました♪



首が座った頃、クリスマスパーティーに呼ばれて作った
ベビーサンタクロース。
10th-birthday-d.jpg
この頃から仮装衣装にはまってますね。

子供服を作り始めた頃は
まだまだ知識が足りなくて、手探り状態で服を作っていましたね。

今なら何でも作れる気がするのにな~
乳幼児にしか似合わないデザインもあるのに。

もっと赤ちゃん服を作りたかったな。


成長するにつれ オシャレにもうるさくなってきましたが
まだまだ母ちゃんの手作り服を着てくれています。

いつまで作らせてくれるのかな~ ( ̄- ̄)



最近は家族で過ごす時間より
学校や吹奏楽をしている時間が多くなりました。

写真も吹奏楽での写真は撮っていますが
長女個人の写真は撮る機会が少なくなってしまいました。


毎日の朝練と放課後練習。
土曜日、祝日の練習。

なかなか小学生が練習するにはハードな内容で
2回ほど心が折れていましたが
それでも何とか辞めずに続けてこれました。

それは長女の努力でもあるんだけど
先輩方の根気強さとやさしさのおかげでもあったりする。

今 吹奏楽を通して
たくさんの事を経験して
とても大切な事を学ばさせてもらっています。

先輩方が教えてくれていること。

しっかりと学んで、受け継いで、
後輩に伝えれるように頑張ってね。

120227.jpg

10歳おめでとう☆




| [日々のこと]何気ない一日 | 15:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワンピース、コート等に付ける脇ポケットの縫い方 ※縫代両割り、ポケット袋縫い編

ワンピースやコート、厚地の生地にも使える
脇ポケットの縫い方です。



ここではサーキュラースカートを作った時の脇ポケットで説明しています。

pocket-3a.jpg




ポケット袋布と向う布を準備。
pocket-3b.jpg



(1)-1 ポケットの袋布と向う布を外表に合わせ、縫い代0.5mmの位置で縫う。
 ※ ポケット口 縫い代1.2cm手前まで縫う。
(1)-2 ポケット袋布をひっくり返して、アイロンで形を整え0.7mmの位置で縫う。
 ※ ポケット口 縫い代1.2cm手前まで縫う。
pocket-3c.jpg
(1)-3 ポケット向う布の縫い代1.2cm分を折っておく。




(2) 前・後スカートのポケット口、上下1cmずつ出るように
 伸び止めテープ・平タイプを貼ります。15mm幅使用
※脇が斜めの場合、生地がバイアス地となり ポケット口に負荷がかかるため
 伸び止めテープを貼って補強します。


(3) ポケット口分を開けて、スカートの脇を縫います。
pocket-3d.jpg
縫い代は両割りにします。



(4) ポケット袋布の縫い代と、前スカートの縫い代を合わせ1cmのところを縫う。
※ポケット向う布の縫い代は縫い込まないよう 外しておきます。
pocket-3e.jpg



(5) ポケット向う布の縫い代と、後スカートの縫い代を合わせ1cmのところを縫う。(☆印)
pocket-3f.jpg



(6)縫い代にロックミシンをかける。
pocket-3g.jpg



(7)ポケットを後スカート側に倒したままの状態で、表側にひっくり返し
 前スカート側のポケット口にステッチをかける。(縫い代にステッチがかかる状態)
pocket-3h.jpg



(8) ポケットを前スカート側に倒して、ポケット口の上下にミシンカンヌキをかける。
 ※ポケットまでミシン目を通します。
pocket-3i.jpg




スカートの裏側。
pocket-3j.jpg
※スカートの縫製工程を省いて、ポケットが付いたところ。



脇ポケット出来上がり♪
pocket-3k.jpg
縫い代を両割りにしているので
厚手の生地にポケットを付ける時に適しています。

あと、ついつい脇を先に縫ってしまいがちな時に対応できます。



* * * * *

もう一つ、別の縫い方。

上記の縫い方はポケット口のステッチが縫い代のみにかかっている状態です。

ポケット口の袋布が パカパカ浮かないように
袋布ごと一緒にステッチをかけたい場合、
上記(5)の段階で、ポケット向う布と 後スカートの縫い代を
縫い合わせずに表にひっくり返します。
pocket-3l.jpg
ポケット向う布の縫い代を外して、ポケット口にステッチをかけます。

この後の工程は(5)の続きになります。


こっちの縫い方の方がポケット口がしっかりとしますよ~
用途によって使い分けてみてくださいね。


お役に立てれば幸いです☆




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

他と差をつける ちょっとしたテクニック☆

あまたのハンドメイド作品が溢れる中で
地味に差をつけるテクニックです。



ウエストベルトから ちらり☆と裏布を見せてみましょう。

belt-1a.jpg

たったコレだけですが
あなたのハンドメイド品は他と差別化が図れます。

裏布のリボンを付ければ統一感もバッチリ☆



やり方はとても簡単♪
裏ベルトの寸法を表ベルトより1cm長くするだけ。

belt-1b.jpg



(1) 表・裏ベルト、それぞれの右脇を接ぎ合わせます。

(2)-1 表・裏ベルトを中表に合わせ、1cmのところを縫い合わせます。
(2)-2 開いて縫い代を両割りにします。
belt-1c.jpg
(2)-3 表側に折り返して、ベルト端を合わせます。(ベルト幅4.5cm上がりにする)
(2)-4 表ベルトより裏布が0.5cm出ている状態になります。



(3) 左脇にベルト通し口を開けて縫い合わせます。
belt-1dd.jpg




(4) 再度ベルト端を合わせて、接ぎ合わせ位置に落としミシンをかけます。
belt-1e.jpg
これで出来上がり~♪

たったコレだけです☆



あとはスカートにベルトを縫い付けて ゴムを通すだけ~
belt-1f.jpg
これでシンプルなスカートが
ちょっとしたデザイン・スカートになりました。


表ベルトから裏布を もう少し出したい場合は
裏ベルトの寸法をプラス2cmにするといいですよ。

この方法は袖口、裾周りなどにも応用できます♪


他と地味に差をつけてくださいね~ ( ̄▽ ̄)




| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT