Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

静かで 穏やかな休日

またまたご無沙汰してます。

気がつけば5月も早10日を過ぎ、、、
サンプルはいつ出来上がるんだ!と
思っている方もいらっしゃるかと思いますが

このゴールデンウィーク、ほんとーに 何年かぶりに
穏やかな休日をすごしたんですよ。



2017-TshirtART-1a.jpg




2017-TshirtART-1b.jpg




2017-TshirtART-1c.jpg




2017-TshirtART-1d.jpg




2017-TshirtART-1e.jpg


東京にいる時は、人混みの中へ出掛けるのが嫌いだったので
休日でも何かしら仕事をしていたのですが

子供たちには随分我慢をさせていたかも。。。


今年は初めて家族とゆっくり過ごしました。



子供たちのリクエストは海と川と動物園と遊園地。


ちょうど黒潮町でTシャツアート展が開催されていたので
それも一緒にと、見に行ってきました。

あいにくとお天気がわるくて風も強く
せっかくのTシャツもあおられて
キレイに見えなかったのですが、

子供たちは浜辺で貝殻を見つけたりと、楽しそうでした。




波打ち際で無防備に遊ぶ娘たちを見ていると
ついつい大声で注意してしまうんですが

波の音と風でかき消されて全然届かない。

なんだか、そこまで心配して大声出すのもどうなのよ?
…という気もして、一度注意をした後は見守ってました。


周囲の雑音が消えて、静かに時間が流れる感じ。



こういう時間、ちょっと忘れていたかも。。。





帰りにお腹が空いて食べた四万十豚豚串
とっても柔らかくてジューシー、すごく美味しかった!!

ぜひ高知県四万十町へお越しの際には 
【道の駅 あぐり窪川】にも お立ち寄りください♪

※写真は上記のリンク先から見れますよ~





2017-TshirtART-1f.jpg


Tシャツアート展があった入野海岸にはキャンプ場もあるので
いつかキャンプもしてみたい。

何度でも行きたくなる場所です♪





スポンサーサイト

| [日々のこと]何気ない一日 | 17:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミシン部屋をコソッと公開してみる。

高知に引っ越してから
私だけのミシン部屋をゲットしたので
まだキレイな状態の内にコソッと公開。

いや、公開しなくてもいいんだけど
新作のサンプルがまだ上がらないので、時間潰し的なごまかしです。ハイ。

あ、でも オシャレなミシン部屋ではないですよ。

質実剛健。
実用性、作業効率最優先なミシン部屋です。

ゴミ箱にかぶせたビニール袋が貧乏性だわね~ ( ゚ Д゚ )


workspace-1a.jpg

以前はパターン用紙を
机いっぱいに広げて作図していましたが、
最近はパソコンで作図しているので
メインのテーブルを中央にして
左手によく使う本や資料を置いています。

一番上の封筒には過去に作図したパターン。
新しくパターンを作図する時には
過去分を引っ張りだして確認しながら作図してます。

重たいミシンやロックミシンも近くに。



workspace-1aa.jpg

よく使うものは(糸やプリンター)真ん中に。
洋裁に関係ない物は上部(娘たちの写真やDVD、学校のもの)
頻度の少ない物(副資材や梱包材)は下部に置いています。

まだ収納ケースが足りないんで段ボールで代用していますが
基本何が何処にあるのか分かるように収納したい。


今回の引っ越しで
パターンの作業場として使っていたテーブルを
本来の食台として使うようにしたので、別途 作業台が必要となりました。

でもまた引っ越すかもしれないし、大きい家具は買いたくない。
できれば折りたたみができるテーブルを・・・と探して見つけたのがコチラ。



これ、いいですよ。
ある程度の耐荷重もあるし、高さとテーブルの天板の広さも理想的。
ミシンをガンガンかけてもグラつかず、しっかりとした足回りでした♪


ただ このままだと作業するには狭いので
テーブルの上に滑り止めシートを敷いて、
その上にホームセンターでサイズカットした合板を置き、
裁断用のビニール板を敷いています。

ちなみに合板、ビニール板ともに 縦75cm×横150cmで
サイズカットしてもらった物ですが、
縦90cm×横150cmだったら良かったかな~と思う。

このサイズなら生地を二つ折りにしてワンピースが無理なく裁断できます。

パターン作図、生地の裁断、縫製やアイロン掛けにしても
作業スペースは広いほうが効率的で便利だしね。


予算とスペースに余裕がある方はコチラをどうぞ。







あと、作業をしていて意外に収納に困るのが書類。
仕事の書類もあるけど、学校関係の書類も半端ない。

姉と妹でそれぞれ もらうから区別しやすいように、
A4サイズの書類が難なく入れれるケースを探していて
見つけたのがコチラ。



これね、思っていた以上に物を収納できます。


workspace-1c.jpg

書類用にと思ったけど、ミシン糸やロックミシン糸も難なく入るんだよね。
ミシン糸なんか、大巻サイズが引っかからないのも嬉しい。

浅型1段に並列で並べてミシン糸が縦に11個、横に8列入ります。(計88個)
互い違いなら縦11個、横9列。(99個)

ミシン糸大巻なら並列で縦に9個、横に7列。(63個)

深型1段にロックミシン糸は並列で縦7個、横に5列入ります。(35個)
互い違いなら縦7個、横6列。(42個)

なかなかの大容量。
ただ、奥にストッパーが付いていて
その分、糸が取りだしにくいので 奥にはあまり使わないもの、
在庫分等を置くといいかも。

その他の細々したものも、たくさん収納できそうです。


もう一つ欲しいな。




でもミシン部屋って、いくらキレイに片づけても
すぐ散らかるんだよね。
収納スペースだけの問題じゃないよね?

まだ実家で荷物が更に待機してることを考えると
ミニマリストは絶対ムリだと思う。    (/ω\)




| [ソーイングあれこれ]ソーインググッズ | 18:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田舎の運動会で驚いた5つのこと。

初夏ですね。
この時期運動会があちこちで開催されてますね-。

東京(都会)の小学校では運動会を4回経験しましたが、
田舎の運動会はどんなものなんでしょう?

まさか 自分の娘たちが母校で運動会に参加するとは思いもしませんでしたが。

今と昔では いろいろ違っている事もあり・・・
今回、私がビックリした5つのことを まとめてみました(笑)



undoukai-1a.jpg





1.曇っていても日差しが強い。

undoukai-1aa.jpg
雲が多かったので、そんなに日差しが強くないかな~と思い
麦わら帽子と日焼け止めだけしか対策をしていなかったら
バッチリ日焼けしてしまいました。

『 高知の日差しをなめたらいかんぜよ。 』

帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、日傘、タオルあたりは必需品。

日傘もUVカットだけではなく、遮熱効果があるのがいいらしい。
意外と日傘って熱がこもるから。。。





2.運動場が広い!

undoukai-1b.jpg
娘いわく、『 無駄に広い 』 だそうだ。

確かに、運動場が広い。
東京で通っていた学校の4倍以上はある! ←もともとが狭いんだけど。

大人になって改めて見ても やっぱり広く感じる。
※よく大人になって母校を訪れると校庭が狭く感じたりする・・・っていうのがあるけど、
 そういうの一切なし!






3.観客席がフェスティバル (笑)

undoukai-1c.jpg
運動場を見渡した第一声が 『 なんじゃこりゃ~!! 何かのお祭り? 』

熱中症予防にテントを持参している・・・とは聞いていたけど、
ここまで本格的なテント(タープ)とは思わなかった。

『 各家庭で1つ常備しています。当たり前ですよ。 』 的なテント数。

このテントの場所取りのために、お父さま方は朝の6時から
校門前でスタンバっているそうな。  ご苦労さまです。

私たちは弟家族のテントに入れさせてもらいましたが、
弟の息子くんが卒業したらどうしよう。。。

2mサイズならキャンプに行く時や
屋外のハンドメイド・イベントで使えそう・・・。



ちょっと、欲しいかも。

あったら便利そうだし。





4.出店がある。

undoukai-1d.jpg
え~!? 運動会であるの?
バザーとかじゃなく?

あ、でもアイスクリンや かき氷は嬉しい。 暑いし。


PTA主催でジュースや駄菓子も売っています。
前は業者さんも出店していたらしい。





5.高知県なのに、よさこい ではなく よさこいソーラン

undoukai-1e.jpg



undoukai-1f.jpg



undoukai-1g.jpg



undoukai-1hh.jpg



undoukai-1i.jpg
※6年生演舞

これ、地味にショックだったんだけど・・・


でも、カッコイイから許す!(笑)



でもでも 地元なんだから、ちゃんと 『 よさこい踊り 』 も教えてあげてね。


母ちゃんは娘の踊りを楽しみにしてたんだよ~ ( ノД`)シクシク…

長女が6年生になった時には
ぜひ旗持ちをして欲しいけど、、、
ガリッちょには無理だな。。。 (/ω\)ザンネン



他にも地味に驚いた事がありまして、
生徒数が少ないせいか、1つの競技が終わるのがあっという間。

娘の出番を待っていたら、既に終わっていたという。。。

あと運動場が広すぎて、娘たちの居場所が見つからない。
見つけれずに競技が終わってしまいました。。。二度目 ( ゚ Д゚)チッ
※東京は生徒数が多くて見つけれないこと多々あり。

生徒数が少ない分、競技が東京の時と比べて1つ多い。

親子参加型の競技がある!

PTAの綱引きがある! (男性 VS 女性) 
↑ コレ1回戦は女性が勝っていました。さすが はちきん



別にこれって特別なことではなく
他の学校では普通のことかもしれませんが

最初の学校を基準として見るので
驚いてしまうのでした。

他の学校で、その土地オリジナルの競技とか
風習とかあるのかな?
高知もカツオの一本釣りみたいな競技があれば面白いのに。




| [日々のこと]高知・土佐日記 | 08:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しいパターンの進捗状況***

一か月前に次回作のデザイン決定~と言っておきながら
なかなかサンプルをアップできずにいた者でございます。( ゚Д゚)

間にゴールデンウィークやら運動会やらがあり、
時間が取れなかったのよ。 と、アピールしつつ
ミシン部屋なんぞも公開して お茶を濁しておりました。


まだ最終決定していないんですが
パターンの進み具合をご報告❤


こちらはシーチングでのサンプル1号。

erifuriru-3a.jpg

以前作っていたデザインは
衿フリルのギャザー寄せが(特に肩の部分)大変だった記憶があり
なんとか身頃のギャザー無しで簡単に作れないかと思い
新しくパターンを引き直したもの。

かぶりタイプのデザインを前開きに変更し、
袖も付けれるようにしましたが。。。






・ ・ ・ ・ ・ ( ̄▽ ̄)


なんか違う。




おかしいな。
あの頃より、技術も知識もだいぶ上達したはずなのに
ぜんぜんグッとこない。



簡単に縫製できるようにと
身頃のギャザーを外したけど
やっぱりギャザーはあった方が可愛い。


んで、ギャザー有りにしたサンプル2号目。

erifuriru-3b.jpg

身頃にギャザーがあるかないかの
ほんのちょっとした違いだけど可愛さが全然違う。

めんどくさくても手間暇かけたほうが絶対良さそう。




んで、HINODEYAさんの生地で作ったサンプル1着目。

erifuriru-3c.jpg

シングルガーゼかと思っていたけど 80ローン生地 でした。
極薄で透け透け感があります。


生地はかわいいのですが
いろいろ残念な仕上がりになってしまいました。

エアリーな雰囲気を残したかったので、
前立ての接着芯を見返しだけにしたら 生地がボタンホールに負けたり

衿フリルのギャザーが均等でなかったり

糸調子がきつくて生地がツレたり

ボディ140に対し130サイズを着せたら マッチョに見えたり・・・



引っ越しのため3ヶ月間ほどミシンに触っていませんでしたが
感が鈍りまくり。

やはり日々の精進が大事だと改めて思い知らされました。


再サンプルをもって出直してきま~す。 




| [ハンドメイド]オリジナルパターン | 16:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |