FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

子供ドレスと 大人ドレスの トワル

すでにインスタでは出来上がったドレスをお披露目してますが
ここでは備忘録として内容を書き記してます。

ドレスのオーダーのお話しをいただいて
デザインをどうするかと、今年に入ってずーっと悩んでいたのですが
ある日、突然にヒラメキがくるんですよね(笑)

依頼主にデザインを確認してもらったら一気にパターン作成です。



子供ドレス120サイズ
(身長115cm 細身体型なので110サイズ原型使用)
orderdress-1a.jpg



orderdress-1b.jpg
子供ドレスってウエスト位置と肩幅が一番重要だと思うんですけど、
ウエスト位置が低いか高いか、肩幅が広いか狭いかによって
全体のバランスがグッと変わってくると思うんですよね。

・・・そこにセンスを問われるような気もする。( ̄- ̄)

なのでトワルでは大体のイメージを作り込んで
着用してもらってから微調整することに。

結果、肩幅を半身で5mmカット、ウエスト1cmアップ、
スカート丈4cmカットになりました。




大人ドレス 身長154cmぐらいだったかな?
orderdress-1d.jpg



orderdress-1c.jpg



こちらは参考元のワンピがあって、袖ありに変更してます。
2018-11.jpg

参考元があると仮縫いがひと手間省ける楽さがあります。
体に合っていないゆるみをつまんで、ウエスト位置を確認、スカート丈を決めます。



スカート丈は2種類用意。
2018-11b.jpg



2018-11c.jpg



ノースリーブから袖ありにすると、背幅のゆるみが足りなかったり
前AH(アームホール)のくりが深かったりするので直します。
2018-11d.jpg

楽器を演奏するドレスって、邪魔にならないよう袖がないみたいですね。
確かにノースリーブとかベアトップとか肩紐が多いような気がする。




シンプルなドレスとはいえ、ちょっと物足りなさすぎなので
レースのケープを羽織ることにしました。

これも突然のヒラメキ!✨✨✨
orderdress-1e.jpg
上画像は修正2回目なんですが、
袖のドレープを出すには大胆に切り開かないとダメだな~と思いました。

結構ドレープ分を切り開いたと思ったけど、
まだまだ足りないような気もする。


上画像のケープは裾にカーブをつけて、ヘムラインが水平になるようにしてました。

でもそれだとレースのスカラップを利用出来ないので、
パターンの裾を真っ直ぐに変更。

しか~し、裾が真っ直ぐだと脇位置で斜めに垂れてしまいます。

その脇垂れを防ぐために胸ダーツと肩ダーツを入れて軽減。
※左下画像
2018-12b.jpg

袖口ラインは肘を曲げた時に 前側が引っかかっていたので
斜めにカットして修正。(2cmカット)

トワルは東京にいるお友達に送り、着用してもらった画像を送ってもらい
着心地の感想を聞きながら修正をする・・・

という荒技使ってます。。。( ̄- ̄)

その他の修正箇所は、
腕を曲げたときに背中に若干の突っ張りを感じるとの事だったので
後AHにゆるみを5mm足したのと、スカート丈を7cm追加しました。



親子リンクコーデ。
orderdress-1f.jpg

・・・になる予定だったけど、出来上がりは別物でした。 笑


同素材の色違いなんだけど、全然リンク感なし。 ( ̄▽ ̄)アララ




あ、あとトワルを組んでて思ったんだけど。
シーチングが固いのよね~

ケープなんてドレープ感全くなくてさ~
なんだか裃のような。。。

いや、それを選んだ私も悪いんだけど。

いつも使っているのはコチラですが、、、
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮縫い用シーチング生地(生成) 10mカット(196931)薄地 k1
価格:2356円(税込、送料別) (2018/3/22時点)



糊がかなりきいてます。特有の匂いあり。
シミやスタンプは問題ありませんが、シワが多いのでアイロン掛け必須。

1m 235円とみれば安いけど、手間暇が面倒だよな~
使えるようにする時間がもったいない。。。


んで、前に試しにこちらを買ってたんですね。
↓ ↓ ↓


値上がりしてますが、3年前は210円/mだった。

これが良かった。
巻きになっていて変なシワはないし、ドレープもキレイにでるし、生地幅110cmもある!
※仮縫い用のシーチングは92cm幅

そもそも、仮縫い用なんだから全然問題ないんじゃね?
っていうか、なんであんな固くて臭いシワだらけのシーチングを使わなくちゃいけないんだ?

・・・というわけで、ユザワヤ・シーチングは値上がりしてましたが
代わりにこちらを見つけたので、試しに購入してみようかと。


多少値は上がっても生地幅110cmだし、
アイロン掛けする手間暇を考えると高い金額ではない。


他にも生地幅92cmだけどお買い得なシーチング☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【大特価】生成りシーチング ★1m単位販売★
価格:299円(税込、送料別) (2018/3/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シーチング
価格:27円(税込、送料別) (2018/3/22時点)




オカダヤ・シーチングに比べて 仮縫い以外にも使えるというメリットあり。

バッグやポーチ、クッション、パッチワークなどなど、
小物のちょっとした裏生地とかにも普通に使えるのがいいよね~


スポンサーサイト



| [ハンドメイド]只今制作中♪ | 00:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピアノ発表会用 子供ドレス完成♪

今回オーダーを頂いたお客さまは私の友人♪
長女を出産した時、区の母親学級で知り合いました。
もう11年の付き合いになります。

ピアノの先生をされていて、今回発表会用のドレスを・・・と
オーダー頂きました。

でも正直、すでに高知へ引越ししていたので
オーダーは難しいと思っていたんですが、
運よく東京に行く機会があり、その時に採寸や参考ワンピで
仮縫いもどきができたのが良かった。

それがなかったら実現は難しかったと思う。

最初は友人の大人ドレスだけの話だったけど、
娘ちゃんも発表会に出るということで、親子で作ることに!


デザイン画は悩みに悩んで幾つか候補を提示。
決定したのは ある日 閃いて描き直したデザインです。

orderdress-2.jpg





orderdress-2a.jpg





orderdress-2b.jpg





orderdress-2c.jpg
使用した生地はこちら→
糸はフジックス ファイン



なので当初の目論見より 手間暇かかって、ま~大変。笑

でも自分で作ってみたかったデザインなので
出来上がりに かなり満足♡
何より娘ちゃんに似合っていて良かった♪


縫製はね~ いろいろ大変でした。 ( ̄▽ ̄)

今回スカート部分の接ぎ合わせがイメージ通りに出来上がるかどうかが
一番の悩みどころでして。

なんせ、こういうデザインは見たことがない。

スカートとモチーフをどうやって挟んで縫う?
身頃とスカートのジョイント部分をどうする?
お花のモチーフが目立ち過ぎない?
接ぎ合わせでスカートが固くならないか?(座り心地が悪くならないか?)

・・・などなど。

演奏の邪魔にならないようにするには どうしたらいいか
悩みどころたくさん。


試し縫いもしました。
orderdress-2e.jpg

試作1回目はブルー。
最初にお花モチーフをスカートにミシンで縫い付けてから、挟み縫いする方法。
縫製時間の短縮にはなりますが、
モチーフ部分がバイアス生地で繋がっているため、ミシンで縫うと伸びちゃう。
スカートに変なシワが出て却下。

試作2回目がネイビー。
お花モチーフを手で軽くスカートに縫い付けてから、ミシンで挟み縫い。
これもまだ若干シワが出るけど、1回目よりは軽減。

本番はお花モチーフを手で軽くスカートに縫い付けて
ミシンで縫う時にベルト芯をミシン押え下にかませて縫いました。
これでシワがだいぶ改善されました~

スカートは全部で14枚接ぎ!!
全てのモチーフを手で縫い付けてから縫製してます。

お花モチーフがあるから スカート裾も手まつりです。 ( ゚ ∀ ゚ )ウヒー


オーバースカートの端始末は巻きロックで始末しようかと思ったら
固くなり過ぎちゃったので0.5cm幅の三つ折りステッチに変更。

あと、最初は身頃とスカートのジョイント部分は何も無しにしようと思っていたんだけど
やはりワンクッションあった方がいいと思ったので、サテン生地でリボンを作りました。

身頃と同じ色で同化していますが、質感が全く違うんですよ~
もう少し濃い色にすれば良かったかな?

サテンクレープという とろみのある生地を使っているので、
ベルト部分だけ薄手の接着芯を使用しています。


あと伸び止めテープは必ず持っていたほうがイイです。
12mm幅は衿ぐり、袖ぐり、袖口に使用。
15mm幅は肩、背中心(ファスナー付け位置)に使用しました。

ニットタイプなので固くなり過ぎず、でもしっかりと形をキープしてくれます。
結構重宝するので、全種類揃えたいぐらい。(黒の15mm幅が無いのが残念!)

そうそう、今回初めてポケットタフタという裏地を使ったんですが、
これ意外に良かったです!
感触が少し固いかな?とおもったんですが、キュプラの裏地にある特有のスルスルすべる感じがしないので、
初心者さんには扱いやすいんじゃないかな?
それでいて、実際に生地の感触は気にならなかったです。




あと、新しい試みも。
orderdress-2f.jpg

後スカートの後中心ファスナー明き部分。
これを「わ」で作る方法を試作。

上手くできたので、いつか【部分縫い】カテゴリーに入れたい。
あと、コンシールファスナーの付け方も!

ファスナー付け、覚えると楽ですよ~
ボタンで付けるのが面倒くさくなるぐらい。 笑



今回水色で作りましたが









アイボリー、ピンク、ラベンダー、若草色で作っても可愛いだろうな~ (*´ω`*)❤




最後まで、どっちにしようか迷いに迷ったスカート。

orderdress-2d.jpg

結局、ピアノの発表会なので、ドレスばかり目立ってもダメだと思い
オーバースカートを合わせましたが、無しも捨てがたし。

結婚式とか、お誕生日フォトとか、ひな祭りとかなら
こっちでもいいかも~❤です。
スカート部分にギャザーを寄せても可愛いかな~😍




| [オーダー]オーダーのお品たち | 17:26 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |