FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Donna(ドナ) 公開レシピ:その3

こんにちは。
いつもご訪問頂きありがとうございます♪

なかなか こまめにアップできなくてスイマセン

前回にひき続き
Donna(ドナ) Aライン丸衿ワンピースの公開レシピになります。


早速こちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
Donna(ドナ) 公開レシピ:その3 


【 Step 7 】身頃の脇、袖下を縫う。 


まず脇を縫います。
Donna-3a.jpg
この縫い方は私のやり方なんですが
裾広がりのデザインの場合、裾から袖下に向けて縫います。(赤矢印)
これは裾線を合わすためと、布の扱いやすさ、生地の織りに関係しています。

ロックミシンをかける時は
縫い目に表裏があるため、青矢印の方向で縫います。



Donna-3b.jpg
ミシンで縫う時、布の縫いズレを防ぐため
左手で布を押さえ 右手に目打ちを持ち、
2枚の布がずれないよう目打ちで生地を押さえながら
布を送る感じで縫い進めます。


画像で使用している生地はC&Sさんのフレンチコーデュロイですが
生地によっては目の粗いもの、織りがあまいものがあります。

縫製中に生地がほつれやすいものは
織り糸の向きに注意して縫うとほつれを軽減できます。


Donna-3c.jpg
画像左は裾側から縫っています。
裁断面の織糸は下を向いており、作業中ほつれにくいです。

画像右は袖下から裾に向けて縫っています。
裁断面の織糸は上を向いていて、作業中ほつれやすいです。

※あくまで私の縫い方なので ご参考までに。^^;



Donna-3d.jpg
次に袖下から袖口見返しまで続けて縫います。



Donna-3e.jpg
袖口の縫代は袖側に倒します。
赤矢印部分の接ぎ合わせがズレないよう 注意してください。


脇、袖下の縫代にロックミシンをかけます。



【 Step 8 】袖、身頃脇、裾にアイロン。 


Donna-3f.jpg
身頃脇、袖下の縫代を後側へアイロンで倒します。

アイロンに仕上馬は必需品。
これがあると筒状になった身頃、袖の縫代、ズボン、スカート等
ちょっと平面ではアイロンをかけづらいな〜という時に便利です。
サイズは色々ありますが、中サイズが子供服から大人服まで
用途も幅広く使えます。
洋裁道具で必ず持っておきたい道具のひとつ。

ちなみに私はユザワヤの店頭で購入しました。こちら→
服作りには重宝しています♪



こちらもあると便利。袖万/6号
用途は色々ですが、子供服を作る時 サイズ的に重宝しています。
Donna-3g.jpg
袖万はあれば便利って感じなので タオルで代用してもOK!
タオルをぎゅっと硬く巻いて紐で固定し、さらにタオルを巻いて使用します。
(画像はタオル1枚をギュッと巻いただけです。
これだとちょっと柔らかすぎてアイロンがかけづらかった。。。)



袖口見返しの形を整えアイロンをかけます。


身頃脇の縫代を後側に倒しアイロン。


裾を出来上がりにアイロンします。
パターン、縫製手順書に裾は1.5cm巾ステッチと指示していますが
厚みのある生地で1.5cm巾だと裾の縫代がもっさりするので
ここでは2cm巾に変更。
生地の種類や厚みによって巾を変更してくださいね。
Donna-3h.jpg
1. 生地がフレンチコーデュロイなので裾巾を2cmに変更。
2. スカート裾のカーブがきつい箇所。
  スカート裾を出来上がりに折り返すと外周りの寸法が多い分 裾が余っています。
3. アイロンで縫代を落ち着かせます。
  まだ少し浮いていますが、あとはミシンでいせ込みながら縫うのでこのままでOK。



【 Step 9 】身頃裾を縫う。 


Donna-3i.jpg
身頃裾をまち針で止めます。
まち針で止める時、折り上げた裾線が出来上がり裾線に対し
直角の位置になるようにすること。
(まち針を刺した時、出来上がり裾線に対し直角になる感じ)
↑ イメージ分かりますか?^^;

なので
前後中心側の折り返した縫代は 裾線に添っていますが
脇側の縫代は浮いた感じになります。

※ちなみにまち針は前後中心・脇を最初に刺し、その間を等間隔に刺します。



縫い始めは左脇から。
Donna-3j.jpg
まち針を刺した間隔の布の浮きは、その間隔内で いせるようにします。
左画像:布が余って浮いているのが分かりますか?
右画像:この浮き分を少しずつ目打ちで送る感じで いせます。



裾周りにステッチをかけました。
Donna-3k.jpg
裾の浮き分を無理に伸ばして縫ってしまうと、
裾に斜めのシワが出てヨレてしまいます。
いせる事できれいな裾になりますよ♪



今回はここまで。
いよいよ次回最終! ステップ10・11・12です。

こちらのレシピに関しては承認制ですが、コメントを受け付けます。
何か分からない事がありましたらお気軽にどうぞ♪


パターンはこちら → Donna (ドナ)




ランキングに参加しています。
一日1回のクリックがランキングに反影されます。
応援宜しくお願い致します!

↓ ↓ ↓ 只今 園の行事真っ盛り! まだまだ続くのよ〜
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↓ ↓ ↓ うおぉぉっ!!やっと最終だ〜 頑張るぞ!
br_decobanner_20110604111633.gif
関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]縫製レシピ | 12:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/10/17 00:10 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/321-e7db8ebc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT