FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダブルガーゼの端処理

こんにちは。今日もいい天気でした♪
本日もご訪問 ありがとうございます。


今日はダブルガーゼの端処理について。


Clara-long2a.jpg
画像は前回の失敗作ですが、説明にはもってこいなので再登場。

ダブルガーゼは2枚のガーゼを重ね
部分的に結合させて織り上げた生地で、
肌触りがよく ふんわりした風合いを持つのが特徴です。

織り目が粗い平織りなので
縫製途中で生地端がほつれやすいのが難点。




スカートやブラウスの端処理は
ロックミシンをかけて布端にミシンステッチをかけます。
2a.jpg
以前、裾を三つ折りで処理したのですが
そうすると生地に厚みが出て、仕上がりがもっさりした
重たい感じになりました。

それ以来、ふんわりとした風合いを保つためにも
ロックミシンをかけて二つ折り始末にしています。




衿ぐり周りのゴムが入っている部分も
ロックミシンをかけたのち
二つ折りにしてミシンステッチ。
↓表側
2b.jpg
↑裏側



袖口も同様に。
2c.jpg
※縫代の幅を変えると、袖口・衿ぐり周りのフリル幅も変更できて
かわいくなりますよ♪


気になる洗濯も、結構問題なし。
ほつれる事がありません。
気持ちロックミシンの縫い幅を狭く(2.4〜2.6ぐらい)しています。

この方法はサテンやウール地など、厚みのある生地に適しています。
(サテンやウール地はミシンステッチではなく、手でまつり縫いしたほうがきれい)



ご家庭にロックミシンがない場合は
家庭用ミシンの機能、裁ち目かがり縫いを使用します。

ただダブルガーゼの布端に直接裁ち目かがり縫いをすると
生地が柔らかく薄手なので縫い目がヨレたり、ツレたり、
ミシンの針穴に巻き込まれやすいです。

なので布を1cmほど二つ折りにし、布端にかがりミシンをかけてあげます。
2d.jpg
2cmほど折り上げて 布端際にミシンステッチをかけます。
(これは三つ折りと同じ要領になります。ミシン目は大きめがいいでしょう。
三つ折りとの違いはかがり縫いで縫代が押し潰されていること。厚みが気持ち少ない。)

縫い目が気になる場合は手まつりで裾を縫い上げます。





裾周りに別布(ローン等の薄手)を使って処理する方法もあります。
2e.jpg
別布にリバティなどの柄物を使うと
アクセントになってかわいいですよ♪


脇やラグラン線は袋縫いや折り伏せ縫い。
セットインスリーブの場合は面倒でも
バイヤステープで縫代を包んであげると仕上がりがきれいです。
(袖ぐりはカーブがきついので袋縫いだとツレることが多い)


私はだいたい こんな感じで縫っています。
参考になりましたでしょうか。^^



コツさえつかめば あとはかわいい♥生地を選ぶだけ!


ざっくりダブルガーゼプリント バード

ざっくりダブルガーゼプリント バード
価格:140円(税込、送料別)






<PR>


関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/355-03942fab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT