FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロックミシンを使わない縫い方 (イラスト編)

こんにちは。
本日もご訪問くださり ありがとうございます。


ここ暫く、幼稚園 (保育園)用スモックのパターンに取掛かっていまして
やっとパターンのトレースが終わりました。
あとは縫製指示書作りや、パターンの書き込みなど
パソコン作業を残すのみ。

スモックのサイズは90〜130サイズまで。
一緒に園グッズもアップする予定です。

園グッズは実際長女が使ってみて
使い勝手がいいように、また途中で作り替えなくてもいいように
3年間使えるサイズに修正したもの。

今週中にはショップにアップできるかな?



今回スモックを作るにあたり
前々からブログにしたいと思いつつ 出来なかった
ロックミシンを使わない縫い方をイラストでご紹介します。

ほんとは画像をアップしたかったのですが
いつになるか分からないので、^^;
とりあえずイラストで説明しています。

ちなみに 分かりやすいようにと思って
色鉛筆で表と裏を色分けしたんですが、
スキャンするとかえって分かりづらかった・・・
申し訳ないです〜〜〜

※イラストはクリックすると大きくなります。


袋縫い
nuisiro-1a.jpg
①生地を外表に2枚合わせ、0.3~0.4cmの縫代で地縫いします。
 家庭用ミシンではミシン天板の針穴が大きく、生地が針穴に巻き込まれやすいので
 直線縫い用の天板にするか、縫代を多めに取り0.5~1cmで地縫いしたのち
 0.3~0.4cmの縫代にカットするといいでしょう。

②裏に返し中表の状態で、0.6~0.7cmの縫代で再度縫います。
 (生地によって縫代の幅はもっと細くする場合があります。)

③縫代は片方に倒し、アイロンで押さえます。

生地が薄くてほつれやすい物、透ける生地、縫代の裁ち目を出したくないものに
下着類、ブラウス、ワンピース、スモックなど



端ミシン
nuisiro-1b.jpg
①縫代は1.5~2cmと広めに取り、0.5cm程裏側に折って
 折山に端ミシン(コバステッチ)をかけます。

②縫代は両側に割ります。

コットン、薄手ウールなど
裏無しジャケット、レインコート、ブラウスジャケットなど



二度縫い
nuisiro-1c.jpg
①生地を中表に2枚合わせ、出来上がり位置を地縫いします。
 裁ち目から0.2~0.3cmの位置にもう1本、地縫いします。

②縫代は片方に倒します。

コットン、薄手ウールなど比較的ほつれないもの
ブラウス、ワンピース、スモックなど



くるみ縫い
nuisiro-1d.jpg
①縫代は1.3~1.5cmほど取り、生地を中表に2枚合わせ
 出来上がり位置を地縫いします。片方の縫代を0.5cmにカットします。

②図のように広い方の縫代を突き合せに折ります。

③さらに縫代をくるむように地縫い位置まで折り、折山に端ミシンをかけます。

④縫代は片方に倒します。

⑤応用としてティアードスカートやギャザースカートの接ぎ合わせにも使えます。
 ギャザーを寄せた側の縫代を0.5cmにカットし、もう片方の縫代でくるみます。

比較的ほつれやすい物、薄手の生地など
ブラウス、ワンピース、スカートなど



折り伏せ縫い
nuisiro-1e.jpg
①生地を中表に2枚合わせ、出来上がり位置で地縫いします。
 後側になる方(縫代を倒す方)の縫代を0.5cmにカットします。

②前側の縫代を地縫い位置まで折ります。

③図のように縫代をくるんだ状態にし、縫代を後側に倒します。
 0.7cm幅のステッチを表側まで通してかけます。
 ※表側からみると縫い目が1本通った状態です。

薄手から厚地(デニムなど)まで
シャツやブラウスなど、カジュアルからスポーティーなデザイン向き



バイヤス(パイピング)始末
nuisiro-1f.jpg
①縫代は1.5~2cmと広めに取り、絹や化繊などの裏地布のバイヤス布でくるみます。

②縫代は両側に割ります。

ウールなどの厚地
裏無しジャケット、コート、キルティングなど



縫代を手でかがる
nuisiro-1g.jpg
縫代は1.5~2cmほど付けて裁ち、生地を中表にして出来上がり位置で地縫いします。
裁ち揃えた縫代を同色の糸で、図のように2枚一緒にかがります。
縫代は片方に倒します。

ロックミシンの替わりに 手でほつれないよう布端を処理する方法です。



ピンキング鋏を使う
nuisiro-1h.jpg
比較的ほつれにくい布に使用します。
コットン、絹、薄手のウールなど。
ほつれ止めに1本、捨てミシンをかけると安心です。


※裁ち目とは・・・裁断した布の切り口
※捨てミシンとは・・・布端のほつれ止めや補強のために、
 折らずに一枚のままかけるステッチ。


*主に直線やなだらかなカーブを縫う時に適しています。
*家庭でしやすい縫い方にしているので、実際とはちょっと違う箇所もあります。


これらの縫い方を覚えれば、ロックミシンなんてなくても大丈夫!
見た目もきれい。洗濯しても丈夫な縫い方ですよ♪

お試しあれ〜♪



※こちらのブログ内容は後日、加筆修正する場合があります。






関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/356-73db2e58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT