FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

持出し付きスラッシュ開き の 縫い方


今回はスラッシュ開きの応用編。
基本的なスラッシュ開きはDonna(ドナ)のレシピで説明しています。

基本のスラッシュ開きは 初心者の方にも簡単に縫えるあきの始末ですが、
開きの長さが必要な場合には適していないのと、
後側にあると動きによって開きが浮いてしまうこと、
肌が見えてしまう欠点があります。

この応用編は持出しがあるのでボタンがつけれます。
少しかっちり仕上げたい、開きの長さを深くしたい場合に適しています。

slash-1k.jpg

応用編に入る前に あきの長さについて。
頭回り寸法の半分にゆるみ分(5~8cm)を足した寸法を基準とし、
パターンの衿ぐり寸法の半分を差し引いた数値を開きの長さとします。

子供服のあき寸法を決めるには注意が必要ですが、
身頃中心と袖下が直角に交わる位置をあき止りの目安にするといいですよ。
(但しデザインにより異なります。)


 持出し付きスラッシュ開き 縫い方 


①持出し・見返し布を用意します。
slash-1aaa.jpg
※16cmはだいたいの目安です。デザインによって変更してください。

身頃と共布、または別布を上記の寸法で裁断し、裏面に接着芯を貼ります。
回りにぐるりとロックミシン、またはジグザグミシンをかけます。



②身頃と持出し・見返し布を中表に合わせます。
slash-1b.jpg
スラッシュ部分を細かくミシンをかけ、切込みを入れます。



③持出し・見返し布を表に返し、アイロンで整えます。
slash-1c.jpg



④持出し側を出来上がりに折ります。(3cm巾の持出しを作ります)
slash-1d.jpg
スラッシュ開きの持出し側の縫い代は 持出しの中側へ倒します。



⑤スラッシュ開きの際にコバステッチをかけます。(※衿なしの場合)
slash-1e.jpg



持出しがあるので左右別々にステッチをかけます。
slash-1f.jpg
⑤-①スラッシュ開き端は持出し布をはずしてステッチ。
⑤-②持出し側も見返し側をはずしてステッチをかけます。
(この時、ステッチでスラッシュ開きの縫い代を押えるようにします。)



⑥スラッシュ開きを出来上がりに閉じます。
slash-1gg.jpg



⑦身頃を裏側にし、持出し・見返し布を固定するための止めミシンをかけます。
slash-1h.jpg
あき止りより下側にコの字、または □ に止めミシンをかけます。



⑧身頃まで通して止めミシンをかけたくない場合は
身頃をあき止りの位置で折りあげてミシンをかけます。
slash-1i.jpg



⑨身頃に止めミシンが出ていないとフェミニンな感じに仕上がります。
slash-1j.jpg


身頃まで止めミシンを通す場合は
あき止りより上側にかけます。
slash-1jj.jpg



⑩衿ぐりをパイピング始末してボタンをつければ出来上がり♪
slash-1k.jpg

衿を挟む場合は⑤の段階でステッチをかけずに
衿つけをしてから、ステッチをかけます。



この持出し付きスラッシュ開きの縫い方を覚えておくと
色々と応用ができ、縫い物の幅も広がります。

応用例と衿つきの場合はまた別の機会に。



お試しあれ♪




関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/435-3ac6811d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT