FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

縫い代を包んで、ステッチを表に出さない縫い方


さて、今回は【見返しを使って縫い代を包む方法】
かつ、【ステッチを表に出さずフェミニンな仕上げにしたい時の縫い方】 です。

過去にも何度か記事にしてきましたが、こちら→  
いよいよ公開しちゃいます♪ 

ソーイング本ではだいたい手まつりで始末される事が多いですが
基本、ミシンで縫える事はミシンで縫いたい、手間を省きたい。
手間暇は別なところでかける!がモットーなので
皆さんもぜひマスターしてみてください。


画像のデザインは前・後身頃ともわ裁ちのままですが、
後で切込みをいれ前立てを付けます。

前あき、後あきの場合、縫い方の手順が少し違いますが
基本の構造は同じです。
※画像はクリックすると大きくなります。

① 前身頃と後身頃の肩を縫い合わせる。
hide-seam-1a.jpg
※肩の縫い代は後側に倒す。


② 前・後切替布の見返しの肩を縫い合わせる。※肩の縫い代は前側に倒す。
  後身頃と後見返しを縫い合わせます。
hide-seam-1b.jpg



③縫い合わせは後切替布から。
hide-seam-1c.jpg
身頃と縫い合わせた縫い目があるので、これをガイドとし
後見返しを縫い合わせます。



④縫い合わせたところ。
hide-seam-1d.jpg



⑤前身頃と前見返しを縫い合わせます。
hide-seam-1e.jpg



⑥見返しの縫い代を折り込むかたちでピン打ちする。
hide-seam-1f.jpg



⑦身頃と見返しの間から、少しずつ縫い代を引き出しながらピン打ちします。
hide-seam-1g.jpg



⑧-1 全部引き出してピン打ちした状態。
hide-seam-1h.jpg
⑧-2 身頃と縫い合わせた縫い目があるので、これをガイドとし
    前見返しと縫い合わせます。



⑨全て縫い合わせた状態。
hide-seam-1i.jpg



⑩アイロンをしっかりとかけます。
hide-seam-1j.jpg

これで縫い代を包みつつ、表にステッチをかけない状態になりました。

基本の縫い方は以上になります。
このあと前に切込みを入れて前立てを作っていきます。

前あき、後あきがある場合は
先に衿ぐり周りを縫ってしまいますが、
その場合も身頃と見返しの間から
縫い代を引き出しながら縫い合わせます。

縫い目を目立ちさせたくない、リバティ等の縫製に最適♪

脇の縫い代を袋縫い、袖ぐりの縫い代をパイピング始末すれば
お肌が弱いお子さんのために、縫い代のあたりを軽減する事もできます。

この方法で縫っちゃえばロックミシンの出番は一度もありませんよ~^^



⑪前立て、衿ぐり周りを始末したら出来上がり♪
hide-seam-1k.jpg


お試しあれ♪ 





※追記:一度間違えてアップした記事に対してご訪問くださった皆様、ご迷惑をおかけしてすいません。
    あとで確認したらびっくりしてしまいました。。。^^;
    すぐ削除したんですけど、タイトルデータだけアップされてたようです。
    失礼しました。
    
関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/438-3ec56920

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT