Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

袖口にゴムを入れる縫い方(基本)

前回 『別布を使って袖口にゴムを入れる縫い方』を
アップしましたが、
基本の縫い方もアップしておきます。


①袖口の縫い代を3cm取ります。
sodeguti-gomu-1a.jpg



・・・と、その前に袖のパーツのどっちが
前か後か分からなくなる場合がありませんか?
sodeguti-gomu-1b.jpg
私は袖パーツ(裏側)の前側にチャコペンで印をつけておきます。
これなら袖下を縫い合わせても
印が付いているので 前後が分かりやすいです。



②袖口の縫い代を1cmと2cmに、アイロンで折り目をつけます。
sodeguti-gomu-1c.jpg



③袖口の折り目を開いて袖下を縫います。
sodeguti-gomu-1d.jpg
その際、袖口部分はゴム通し口を1cm開けておきます。

出来上がり線位置に向けて斜めに切込みを入れます。
袖口の切込み位置を避けて
ロックミシン、またはジグザグミシンで縫い代の始末をします。



④袖口の縫い代を両割りにし、ゴム通し口の周りにステッチをかけます。
sodeguti-gomu-1e.jpg



⑤袖口を出来上がりに折り上げ、0.5cmと1.5cm幅のステッチをかけます。
sodeguti-gomu-1f.jpg
画像はステッチをかけ終わった状態ですが
袖口にステッチをかける場合、
袖を表に返して 筒状になった袖の内側からステッチをかけます。
※画像の状態だと外側からステッチをかける事になりますが、とても面倒です。

袖口に0.5cm幅のステッチをかけるのは
中にゴムを入れた時、ゴムが捻じれてしまうのを避けるためです。
※スカートやパンツのウエストゴムにも応用できますよ。



⑥ひも通しを使ってゴムを通します。
sodeguti-gomu-1g.jpg
ゴム端は1cmほど重ねて返し縫いをし、縫い止めます。

私は、ひも通しはクロバーのはさみ式を使用しています。
スカートやパンツは幅広タイプ
ゴムを通す距離が短い場合は安全ピンを使っています。


応用として 袖口の縫い代を4cmにし、
ステッチ幅を0.5cm幅から1.5cm幅にすると
袖口にフリルがついたみたいで可愛いですよ。^^


ぜひ お試しあれ♪




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/456-766cb165

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT