Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

衿ぐりにレースを縫い付ける方法

市販のチュールレースを使って
衿ぐりにレースを縫い付けてみましょう。

お洋服のイメージが一気に
レトロでガーリーなテイストになります♥

洋服の素材を変えればフォーマルな感じにも。

衿レースの作り方は意外とかんたん♪
さあ! Let’s try!

Tulle-collar-1a.jpg



①まず衿レースを作りましょう。
Tulle-collar-1b.jpg
レースの長さは 衿ぐりの長さ×1.3~1.5倍(ギャザー分量)

サンプルは 衿ぐり寸法が38cmに対し、ギャザー分量を1.3倍にしています。
レースの寸法は 38 × 1.3 = 49.4 cm
ここでは50cmにして使用しました。



②イメージをつかむため、衿ぐりにチュールレースを置いてみます。
Tulle-collar-1c.jpg
ちょっとチュールレースの幅が広いですね。
イメージは控えめな感じにしたい。



③チュールレースの幅が6cmちょっとあるので、4cm幅にカットします。
Tulle-collar-1d.jpg
チュールレースの端をカーブにカットします。
Dカーブルーラーを使ってカーブを決めるといいですよ。



④チュールレースにギャザー寄せミシンをかけます。
Tulle-collar-1e.jpg
縫い代0.5cmの位置でミシン目は3mmぐらい。
上糸の糸調子をかなり緩めにしておきます。

チュールレースにミシンをかけづらい場合は
インサイドベルト芯をミシンの押えにかませると進みやすいです。



⑤チュールレースにギャザーを寄せました。
Tulle-collar-1f.jpg
レースのカーブ部分が衿先になります。
これで衿レースができました。



⑥衿ぐりに合わせて衿レースを縫い付けます。縫い代0.5cmの位置。
Tulle-collar-1g.jpg
衿レースは後中心、衿付け止まりの順に合わせます。

ここで注意する点は、後衿ぐりのギャザー分量より、
前衿ぐりのギャザー分量を多めにすること
目分量で配分して構わないのですが、
衿先はカーブになっている分、ギャザー分量が少ないと反ってしまいます。
衿先が反らないようギャザーを多めに寄せて縫い付ける事がコツです。
(なので正確に求めるなら、後衿ぐり寸法×1.3倍 + 前衿ぐり寸法×1.5倍 にします。
 ギャザー分量は好みで変更してください)



⑦衿ぐりをパイピング始末します。
Tulle-collar-1h.jpg
縫い方は『衿ぐりパイピング始末を きれいに縫うコツ』を
参考にしてくださいね☆



⑧衿レースの出来上がり♪
frorence-sample-1c.jpg



いかがでしたか?
意外と簡単でしょ?

なのに、お洋服の出来上がり感はかなり満足できます。
チュールレースの幅や、
ギャザー分量を変えると また違ったイメージになりますよ♥
(ちなみにチュールレースの幅を広くしたら、ギャザー分量も多くすること)



ぜひ、お試しあれ♪




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/459-af3cda97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT