FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1枚仕立ての かんたん♪前立て の縫い方(基本)

やっとフロランスのパターンが出来上がりました!!
が、すいません>< 
まだ確認作業が残っているんで、ショップにはもう少し時間がかかります


で、あともう少しなのですが
フロランスを作る時に必須の縫い方、『1枚仕立てで作る 前立て』
の基本を教えちゃいます!!

これは是非覚えて欲しい縫い方。
面倒な前立てがかんたん・きれいに出来ます。


①まず前立てを準備します。
maetate-1a.jpg
寸法を上記のサイズで取り、生地裏に接着芯を貼ります。
基本全て同寸法(2cm)で大丈夫ですが
厚手の生地の場合、厚み分を考慮して下前の寸法を-0.2cm(1.8㎝)で取ると
きれいに仕上がります。

前立ての長さはお好みですが
基本、袖下より下側までくる長さにしてあげると着用しやすいです。

※画像の前立ては女前(左前)です。
 男前(右前)にする場合は反転させてくださいね。

※Florence(フロランス)の前立ての型紙は生地裏側から裁断してください。



②前立てを出来上がりにアイロンで折り目をつけます。
maetate-1b.jpg



③-1 身頃の前中心と前立てを中表に合わせ、
前立て付け位置周りをぐるり一周 細かくミシンステッチをかけます。
maetate-1c.jpg
③-2 前中心に切込みを入れます。
③-3 切込んだ縫い代三角部分を下側に折り、アイロンで押えます。


ここで訂正!
③-2 で前中心に切込みと書きましたが、下前側0.5cmの所で切り込みを入れます。
上前側の切込み幅が広いと、あとでボタンホールを作る時に縫い目が安定するからです。
maetate-1cc.jpg



④切り込んだ縫い代をそれぞれ上前、下前で挟みます。
maetate-1d.jpg
画像の青線、緑線を参考に あき止りまでステッチをかけます。



⑤前立てにステッチをかける時、互い違いの方向からミシンをかけると
生地のヨレを軽減できます。
maetate-1ee.jpg



⑥↓上前側・下前側を縫った状態         ↓裏側
maetate-1f.jpg



⑦-1 身頃はあき止りの位置で二つ折りにします。
上前側は開いた状態、下前は閉じた状態で突き合わせます。(くっついた状態にする事)
maetate-1g.jpg
⑦-2 そのまま突き合わせた状態で裏側へ返します。
下前側のみ 三角の縫い代部分と一緒に、あき止りの際にステッチをかけます。



⑧表に返して見ると こんな感じ。
maetate-1h.jpg



⑨-1 上前を下前側に重ね、
maetate-1i.jpg
⑨-2 ステッチ図を参照に、前立てのあき止り部分を縫います。


⑩これで前立てが出来上がり!
maetate-1j.jpg



⑪あとは衿ぐり周りをパイピング始末をし、ボタンをつければ出来上がり♪
maetate-1k.jpg


ね?
かんたんでしょ?


お試しあれ♪




関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/463-81e0fafb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT