FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニットで衿ぐりをパイピング始末(四ツ折バインダー)する縫い方(その1)

カットソーの衿ぐりを、ロックミシンと家庭用ミシンで
パイピング始末(四ツ折バインダー)する縫い方です。

衿ぐりのカーブがきつい場合、
リブニット等で付け衿をするよりは パイピング始末した方が
きれいに仕上がる場合があります。


まずパターンの衿ぐりに 縫い代はつけません。
knit-piping-1a.jpg
※縫い代が付いていると 衿ぐり周りの寸法が小さくなるのでご注意。




(1)右肩を縫います。(ロックミシン)
ウーリースピンテープを挟みながら縫うと伸び止めになります。

knit-piping-1b.jpg



(2)衿ぐりパイピング布を用意する。
パイピング布の寸法はロックミシンのかがり幅を7.5で使用した場合、

7.5×4 プラス厚み分0.5cm = 3.5㎝ (パイピング布の幅)

出来上がり衿ぐり周りの寸法 × 0.85 ~ 0.93 プラス縫い代分 = パイピング布の長さ
※掛け率はニット地の伸縮によって変更します。
 今回はニット地の戻りがいいので 0.93で長さを出しています。
(前中心、N.P、後中心の合印も0.93で出します)

N.Pとは・・・ネックポイント。肩線と衿ぐり線の交差点。



(3)身頃裏側に衿ぐりパイピング布をのせロックミシン。
knit-piping-1c.jpg




(4)表側に返してパイピング布の接ぎ合わせ位置にアイロン。
knit-piping-1d.jpg
※パイピング布が衿ぐり周りの寸法より小さいので
接ぎ合わせると少し波打つ感じになります。 これをアイロンで整えます。



(5)パイピング布端を衿ぐり出来上がり位置まで折る。
knit-piping-1e.jpg



(6)ロックミシンの縫い目にパイピング布をかぶせるようにして まち針で止めます。
knit-piping-1f.jpg



(7)ミシンでパイピング端を地縫いします。
knit-piping-1g.jpg
※ロックミシンで接ぎ合わせた時、衿ぐり周りが波打ちますが、
ミシンで地縫いするとパイピング布が伸びるので ちょうど良く衿ぐりが収まります。
※地縫いする時、上糸の糸調子を少し緩めてあげると
ミシン目が生地の伸縮に対応しやすくなるので糸切れを軽減できます。(下糸はウーリー糸がおススメ!)



(8)ロックミシンの縫い目の上にパイピング布をかぶせているので
ミシンで端を縫うと、ちょうど裏側のパイピング端にミシン目が乗っかります。
knit-piping-1h.jpg



(9)左肩を縫います。(ロックミシン)
knit-piping-1i.jpg
※ウーリースピンテープを挟みながら縫うので、肩先から衿ぐりに向けて縫います。(矢印方向)
厚みがあってロックしづらい場合は、後身頃側のパイピング(縫代分)を少しカットします。
ゆっくり手動でロックミシンをかけてあげるといいですよ♪



(10)左肩の縫い代は後側に倒してミシンカンヌキをかけます。
knit-piping-1j.jpg
※ミシンカンヌキとは・・・この場合、縫い代がピラピラと動かないよう固定するためのステッチ。
肩線と平行にステッチをかけるのが一般的ですが、厚みがあったため垂直にしてます。



(11)アイロンをかけて出来上がり♪
knit-piping-1k.jpg





【補足】
(3)で身頃と接ぎ合わせる時、ロックミシンのかがり幅を5.5にしてパイピングしました。
knit-piping-1l.jpg
パイピング布の幅が広くなるので、
(6)ではロックミシン目位置より パイピング布を深くかぶせて地縫いしてます。



(8)のように裏側パイピング端にミシン目は乗っかていませんが、
(11)の出来上がりよりパイピングがよく伸びます。
knit-piping-1m.jpg

ニット地によって伸びない場合もあるので、注意が必要ですが
素材やデザインに合によって縫製を変えるのも大事です。



今回使用したパイピング布が
薄地だけど織りの密度が高いスムースでした。

パイピングすると身頃より張りが出てしまい
着用したら衿ぐり周りが浮いてしまいました。

三つ折りのパイピング始末(三ツ折バインダー)のほうが適していたかも。
また次の機会に ご紹介しますね♪



まずはニットでパイピング始末。
お試しあれ~




関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/564-1db57021

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT