FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Tシャツの付け衿に適した生地(ニット)って?

先日、【無料型紙】おんなの子BasicTシャツ について
『付け衿も身頃と共布で仕立てたい場合、どの生地が向いているのか?』
という、ご質問をいただきました。 

サンプルTシャツを作る時、付け衿も共布(天竺ニット)を使用したのですが
これに結構驚かれたらしい。


付け衿部分はスパンテレコやポリウレタンが入っているニットを
使用するのが一番適しています。

でも それだと身頃の生地に合わない場合や
生地を余分に購入しなければいけなかったり・・・と
ムダが多かったりします。

Tシャツを作る時、
付け衿も共布で作れれば在庫削減になると思って、
過去にも『パフTシャツ 衿の考察』 というブログを書いています。

が、問題は付け衿部分で、ここがゆるゆるになると
だらしなく見えるんですよね。


なので、生地によって衿ぐりの縫い方を変えましょう!



薄手のニット生地(下着に使用されている薄さ)なら
薄地で衿ぐりパイピング始末をする縫い方 (ニット編)』を試してみましょう。

piping-1e_2014100809560246c.jpg

この場合 衿ぐりは広めの方が適しています。
おんなの子BasicTシャツなら衿ぐりの縫い代分をカットして始末します。
パイピング布の寸法は5cm幅×衿ぐり寸法(0.93)が目安。



普通地ぐらいのニット生地なら
ニットで衿ぐりをパイピング始末(四ツ折バインダー)する縫い方(その1)』 を試してみましょう!

manon-2bb.jpg



厚地のニット生地なら三つ折りバインダー始末。
※ただ今準備中! しばしお待ちを。



市販品でも共布で付け衿を作っているものがありますね。

付け衿の出来上がりは好みにもよるので
キッチリと衿の感じを出したい場合はある程度の厚みと
ニットの戻りが必要です。

ゆるい、ナチュラルな感じを出したい場合は
薄手の付け衿もアリかと。。。


素材によって出来上がりは異なるので
共布の付け衿がイマイチなら縫い方を変えてみてくださいね。

BasicT-neckline-a.jpg
こちらは素材別による衿ぐりの違い




関連記事
スポンサーサイト



| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 11:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/580-f04124fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT