Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裾にレースを縫い付ける方法(2)

以前 『 レースの縫い付け方(1) 』 を紹介しましたが、
(2)では、輪になった裾などにレースを縫い付ける方法。

ここではパンツの裾にレースを縫い付けていきます。


(1)裾の縫代は1.5cm~2cm、裾は出来上がりに折り上げます。
suso-lace-2a.jpg



(2)裾幅に対してレースは プラス1.5~2cmぐらい長くします。
suso-lace-2b.jpg
レースは袋縫いで接ぎ合わせ、輪にします。



(3)パンツ裾にレースを付けます。
suso-lace-2c.jpg
※レースはパンツ裾幅より長めです。
 レースをピン打ちすると少し浮いた感じになります。



(4)パンツの縫代は後側、レースの縫代は前側に倒します。(縫代の厚みを減らすため)
suso-lace-2d.jpg



(5)ロックミシンでパンツ裾とレースを縫い合わせます。
suso-lace-2e.jpg
※レースの幅が長かったので、4cm幅になるようカットしました。
※レースはいせ気味に縫い付けます。少々タックになっても構いませんよ~



(6)裾を出来上がりに折り上げ、ミシンでレース端を縫います。
suso-lace-2f.jpg
※あらかじめ裾を出来上がり幅に折っているので、
ちょうどいい位置で裾ステッチをかけれます。



(7)レースを裾に縫い付けた状態。
suso-lace-2g.jpg

レースの縫い付け方(1) 』 より、
レースと生地の色の差がある場合に、この縫い方をすると仕上がりがキレイです。
※身頃とレースを続けて縫い合わせていないので、
 ロックやミシンの糸の色が目立たない。

パンツの裾以外にも使えるので
ぜひ お試しあれ♪




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/617-2cae6f38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT