Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裾にレースを縫い付ける方法(3)

本日もレースの縫い付け方をご紹介。
色々な方法を覚えておくと、
素材やデザインによって応用をきかせる事ができます。

全て覚えておく必要はないけど、
なんとなくこういう縫い方があったよね~とうろ覚えしておいて
あとで(ブログへ)確認しにくればいいですよ。


『裾にレースを付ける方法(3)』は(1)の応用編。
裏に付けていたレースを 今度は表に付ける方法です。


(1)まず 股下は縫わず、裾を出来上がりに縫っておきます。
suso-lace-3a.jpg
※身頃裾の場合は左脇だけ、袖口の場合は袖下、
スカート裾の場合も左脇だけ縫わずに 裾を出来上がりに縫い上げます。



(2)裾ステッチは2cm幅。 
 (ステッチ位置にレースを付けたいのですが、最初にレースを縫い付けてしまうと
  裾を折り返した時にステッチがレースにかかってしまうので、最初に裾上げします。)
suso-lace-3c.jpg
レースは裾幅よりプラス1~2cm長めにカットします。



(3)裾ステッチ上にレースを被せて縫い付けます。
suso-lace-3d.jpg
上下二本、ステッチをかけた状態。(右画像)
裾ステッチをガイドにレースを被せて縫っているので
裏側から見ると 裾ヘム部分にレースを押さえたステッチが収まります。

※ヘムとは・・・裁ち端がほつれないように折り返した部分。(画像右下の裾部分)



(4)股下を縫います。
suso-lace-3e.jpg



(5)縫い代を後側に倒して、ミシンカンヌキをかけます。
suso-lace-3f.jpg



(6)これで出来上がり♪
suso-lace-3g.jpg


とても簡単な方法ですが、
股下裾の縫代が表に見えてしまうのが欠点ですかね~

めくらなければ見えないので、たいした問題ではないですが。



お試しあれ♪




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/618-a7ee925f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT