Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裾にレースを縫い付ける方法(4)

さてさて、本日もレースの縫い付け方です。
もう 飽きちゃったかしら? 笑

レースの縫い付け方のバリエーションって、結構色々あるんですよね。
この他にも はしごレースの活用の仕方とか
トーションレースを飾りにする縫い付け方とか、
衿にレースを挟み込む縫い方とか・・・。

たくさんありすぎて書ききれませんが、少しずつアップしようと思います。


さて、このレースの縫い方は輪になった状態の裾に
レースを縫い付ける方法なので
シンプルな既製品の裾や袖口など、ちょっと飾りを足したい時に応用できます。
(伸縮しなきゃいけない箇所に付ける場合は注意が必要!←体が通らなくなる場合があるよ)



(1)裾は出来上がりに縫い上げます。
suso-lace-4a.jpg



(2)レースの長さは裾幅よりプラス2~3cmほど長めにカット。
 股下後側にレース裁断端を合わせ、レース端がステッチに被さるように縫う。
suso-lace-4b.jpg
ぐるり一周したら、レース裁断端を折り 縫い始めレース上に重ねます。
※レースは1cmぐらい重なるようにします。長ければカット。



(3)-1 上段から下段方向へ縫い進め、ぐるり一周縫います。(青矢印)
suso-lace-4c.jpg
(3)-2 最後は□の字になるよう レース端を縫い止めます。(青矢印)



(4)後側に倒した縫い代の上に、ステッチがかかった状態になります。
suso-lace-4d.jpg



※家庭用ミシンで縫う場合は、縫い代の厚みを控えたいので
股下の前側にレース裁断端を合わせて縫い始めます。
suso-lace-4e.jpg
ぐるり一周したら、レース裁断端は前側に折り重ねます。
パンツの股下の縫代は後側、レースの折端は前側にすることで
ミシンが進みやすくなります。



この縫い方は 『 裾にレースを縫い付ける方法 (3) 』 と違って、
股下の縫代が表に見えないことがポイント!
suso-lace-3g.jpg

シンプルな市販品のお洋服を ぜひデコってみてくださいね☆



お試しあれ♪




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/619-bc44e100

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT