FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子供服と大人服の違い

先月、久しぶりに大人服を作ってみて感じたこと。


長女が産まれてから早9年。。。
これまで自己流で子供服を追求してきました。

その合間に 『大人服も作って~』 とお願いされたこともあったんですが
子供服を極めるまでは!・・・と思ってずっとお断りしていました。

長女、次女と入学式のスーツや
その他のアイテムを色々作ったことで
最近、一応の区切りがついたかなと思っています。

その区切りがあったので、
ママ友のフルオーダーもお受けすることが出来たのですが
今まで子供服の作り方の考え方だったので
大人服に戻すのが (感覚を取り戻すのが)大変でした。


子供服と大人服、
似て非なるもの・・・です。


私がパターンメイキングする時の脳内イメージ。

子供服は 筒状の牛乳瓶。

大人服は ウエストシェイプされたコーラの瓶。(笑)


イメージ、伝わるでしょうか?( ̄▽ ̄)



ともかく子供服って、ストーンとしているんです。
体のラインにメリハリがないので、
筒状のものを広げたり、すぼめたりして服の形にしている感じ。


それと違って大人服は胸があって、お尻もあってで立体的。
立体的に組み立てるために、ダーツ取ったり、展開したり
広げたり、すぼめたりして服の形にしていくので複雑な感じです。

ただ、基本となる部分は一緒で
運動に必要なゆるみの箇所とか、アイテムによる原型操作だとか同じ。


注意すべきことは
子供服を作る時は頭にお花畑が広がっている状態なので
大人服を作る時には そのお花畑を別な物に切替ないと
とんでもない代物ができてしまう恐れがあります。

脳内お花畑で自分服を作ってしまった日には
目も当てられない・・・ (/ω\) アカーン!



例えばAラインワンピースのデザインで 親子お揃い服を作るとしたら
子供はフレアーをたっぷりにとっても
大人はフレアーを抑え気味にするとか。

子供の身幅はゆったりとしていても
大人はタイトな作りにするとか。

全く同じデザインであっても
子供と大人では同じシルエットでは作れない(作らない)。

それは骨格の違いだけではなく、
子供と大人の雰囲気の違いでもありますね。


ここ暫くは子供服ばかり作っていましたが
リハビリがてらに自分服を作って感覚を取り戻す必要があるかも~



・ ・ ・ と、
久々に大人服を作ってみて感じたことでした。




関連記事
スポンサーサイト



| [ソーイングあれこれ]ソーイングメモ | 10:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/664-84577894

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT