FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

服作りのアプローチは一つだけじゃない話

今日も私が感じていることを。

これは物作り全般にも言えると思うのですが
服を作る時のアプローチ方法は一つじゃないと思うんですよね。

ざっくり言うと知識がなくても服は作れます。

大昔の人の衣服は布に穴を開けて紐で縛ったものだし、
または長い布をグルグルと巻き付けて留めたものだったりする。(ざっくり説明)


私が最初に作った服は 小学校6年生の夏休みの宿題で
紫のヒョウ柄の生地で作ったノーカラーのジャケットとスカートのセットアップ。(笑)

作った宿題は校内で展示されるのですが、かなりドン引きされていた記憶があります。

なぜ、その生地をチョイスしたのかは、未だに自分でも不思議。 ( ̄▽ ̄;)引くわー

作ったものの、作ったことに満足して
一度も袖を通すことなくどこかに消えました。


で、この時に作ったパターンは本に記載されていた
囲み製図で作りました。

囲み製図を引きながら分からない点もありましたが
小学6年生でもなんとか服を作ることができました。

中学・高校生の時も服を作ったりしましたが
出来上がった服はなぜかイマイチで、着たいとは思わなかった。

この頃 原型というものの存在を知っていましたが
何処で手に入るのか、どう使うのかは分からず仕舞い。
作っても着ることができないので、次第に服を作ることを諦めてましたね。 ( ̄- ̄ )


その後、服飾専門学校でドレメ式を学び、
服作りのイロハを習うわけです。

原型にはドレメ式の他に文化式というものがあると知っていましたが
違いについては深く考えていませんでした。

他にドレーピング(立体裁断)も習いました。
既製服の寸法を測って写す方法もありました。


社会に出て会社で
文化式と合理的に服を作る作業を知り、かなり衝撃だったのを覚えています。

ドレメ式はとにかく手間暇がかかる。
まー、手間暇かけて服作りの工程を覚えることが学校の教育方針でしょうが
途中でほったらかしになった服が何点もあります。。。(/ω\)


ただ、会社で作った服が私の体に馴染まず
身幅がゆったりとしたジャケットを着ているにもかかわらず肩が凝る。
これはパターンに問題があるんじゃないかと疑問を持ち始めた頃。

知識が乏しいのでハッキリとパターンに問題があるとは言えない。


その後、アミコ式というのを知り 目からウロコ。
今まで疑問だったことの答えをたくさん教えて頂きました。


ネットで調べると上記以外にも いろんな方法があります。
どれも興味深い内容で受講してみたい。


どのアプローチで始めても服は出来上がります。


でも 『何故?』 を追及すると違うアプローチも試したくなります。

いろんなアプローチ方法を知っていると
問題が生じた時に柔軟に対応できるようになります。


かれこれ20年近く服作りに携わっていても
まだまだ未熟だな~と感じている今日この頃。




関連記事
スポンサーサイト



| [ソーイングあれこれ]ソーイングトーク | 11:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/666-596b65b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT