Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Papillon (パピヨン) フリル袖・ブラウス : 縫製レシピ

Papillon (パピヨン)フリル袖・ブラウスの作り方です。


【裁断パーツ】
Papillon-a.jpg



【準備】
スラッシュあき見返し布に接着芯を貼り、縫い代はロックミシン。
Papillon-b.jpg



(1)-1 後身頃中心にソフトルーパーの足部分を縫い付ける。
(1)-2 見返し布を後中心位置に合わせ、ソフトルーパーを挟んだ状態にする。
Papillon-cc.jpg
(1)-3 細かい針目であき部分にミシンをかけ、明き止まりの際まで切り込みを入れる。
(1)-4 後身頃裏側に返し、アイロンで形を整える。
※ソフトルーパーがない場合、糸ループで代用。


(2) 前身頃と後身頃を中表に合わせ、肩を縫い、縫い代はロックミシンをかける。
   縫い代は後側へ倒す。


(3) スラッシュあき見返し布を身頃表側に戻し、衿ぐり周りを裏バイアス始末する。
Papillon-d.jpg
2.5cm幅バイアス布使用。



(4)-1 縫い代0.7cm幅で衿ぐり周りを表側から縫い、アイロンをかける。
(4)-2 0.9cm幅の二つ折りにする。
Papillon-e.jpg
(4)-3 さらにバイアス布を裏側へ折る。見返し布も身頃裏側へ返し、形を整える。
(4)-4 衿ぐり周りに0.7cm幅ステッチをかける。
     スラッシュあき周りにも細かくミシンステッチをかける。
※詳しくは 『ソフトルーパーを使ったスラッシュあき』 もご覧ください。
※テープメーカーを使わず、カーブをバイアス布でくるむ場合、
 カーブ部分を直線状にしながらバイアス布を折っていくとキレイに包むことが出来ます。



(5) 脇身頃の袖ぐりも裏バイアス始末する。
Papillon-f.jpg



(6) サンプル使用生地はダブルガーゼなので、
  縫い代にロックミシンをかけ、二つ折りにして1cm幅ステッチをかけています。
 ※普通地から少し厚地はに0.5cm幅三つ折りステッチ、薄地は三つ巻き縫いにする等
  素材により縫い代の始末を変えると キレイに仕上がります。
Papillon-g.jpg
袖山のギャザーを寄せておく。



(7)-1 前身頃と後身頃を縦に開き、フリル袖と身頃の合い印を合わせる。
(7)-2 脇身頃と前身頃の合印を合わせてから、後身頃の合い印を合わせる。(☆印)
Papillon-h.jpg
(7)-3 ☆印を合わせたところ。



横からみた状態。
Papillon-i.jpg



(8) 前脇裾からフリル袖、後脇裾へと続けて縫う。
Papillon-j.jpg
縫い代はロックミシンをかけ脇側へ倒す。



両脇とも縫ったところ。
Papillon-k.jpg



(9) 身頃裾を出来上がりに折り上げ、ステッチをかける。(通常は1㎝幅三つ折りステッチ)
  ダブルガーゼなので ここでは縫い代をロックミシン、2㎝幅の二つ折りステッチをかけています。
Papillon-l.jpg
(10) スラッシュ開きにボタンを付ける。



(11) 仕上げアイロンをかけて出来上がり♪
Papillon-m.jpg


オプションパーツの ラッフル袖 を使うとより華やかに♪(´▽`*)


パターンはこちらです♪ → 




まずは王道の無地で。
※洗濯してもシワが気にならない生地を選ぶと楽ですよ~


こんな可愛い生地で作りたい!!

関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]縫製レシピ | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/677-0d38d289

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT