Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新作:パピヨン フリル袖ブラウスの衿ゴムバージョン☆

Papillon (パピヨン) フリル袖ブラウス
衿まわりをゴムにした かぶりタイプのブラウスも作れます。


papillon-2j.jpg

小学生3・4年生ともなると後開きボタンであっても
自分で脱ぎ着ができるようになりますが
小学2年生にはまだムズカシイらしい。。。

スポッと着れるので水泳の時間には重宝してます。
丈を長くしてチュニックやワンピースにしてもいいかもね。

衿ぐりは頭が通る分だけしか ギャザーを追加していないので
すっきりした衿まわりになっています。

袖や裾がヒラヒラして
涼しいみたい。( ̄▽ ̄)



【アレンジの仕方】です。

まず、前中心、後中心位置で平行にギャザー分量を追加します。
papillon-2a.jpg
※ギャザー分量は縫製指示書参照



メモ: 生地に柄方向がある場合、前身頃の柄に合わせたほうが無難です。
papillon-2b.jpg




【裁断パーツ】
papillon-2c.jpg



1-① 前身頃と後身頃を中表に合わせ、肩を縫いロックミシン。
papillon-2d.jpg
1-② 後身頃左肩線(おもて側)より1cmほどずらした位置から、衿ぐりバイアス布を縫い付ける。
 縫い始めのバイアス布は1cmほど折っておく。
 衿ぐりバイアス布4cm幅、テープメーカーは18mm使用。



2-① 衿ぐりまわりにバイアス布を縫い付ける。
 (この時バイアス布を引っ張りすぎないこと。イセ気味に縫う)
2-② 縫い終わり位置でバイアス布を折り返す。
 (縫い始めのバイアス布の折り位置に傾斜を合わせる)
papillon-2e.jpg
2-③ 余分なバイアス布をカットする。
2-④ 縫い終わりのバイアス布と、縫い始めの長さが異なるので
 同じ長さになるように 縫い代分の折り線を直す。(白破線)

※補足:広幅の裏側バイアス始末をした時、内回りと外回りの寸法が異なるので
突き合せの角度で外回りの不足分を足しています。


3) 衿ぐりの縫い代に切込みを入れる。
papillon-2f.jpg



4) バイアス布を身頃うら側へ返してアイロンをかける。
papillon-2g.jpg



5-① 縫い終わりの縫い代を バイアス布の中へ折り込む。
5-② 折り返した布が突き合わせになった状態。
papillon-2h.jpg
5-③ バイアス布まわりを縫う。



このあとは 【Papillon (パピヨン) フリル袖・ブラウス : 縫製レシピ】と同じなので
縫製工程(5)から縫ってください。



最後に衿ぐりにゴムを入れて出来上がり♪
papillon-2i.jpg

衿ぐりバイアス布はゴムを入れやすいよう幅広で仕上げています。
お好みでバイアス布の幅を狭くしたり、とアレンジしてみてください。

ちなみに私の好みは12mm上がりかな。



パターンはこちら❤ → 




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]縫製レシピ | 13:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/679-ae8f321e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT