Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Claude (クロード) マルチプルパンツ : 基本の縫製レシピ

Claude (クロード)マルチプルパンツの 基本の作り方です。
※裾はパフ始末です。


multiple-pants-1a.jpg



【裁断パーツ】
Claude-1a.jpg
※今回はポケット口に伸び止めテープ(ストレート)を貼らない縫い方です。
生地の特徴によって変更してください。


(1) 前と後ベルトの右脇を接ぎ合わせ、左脇にはゴム通し口を作っておく。
Claude-1b.jpg
二つ折りにし、裏側になるベルト端の縫い代1cm分を折っておく。



(2) 後ポケット周りにロックミシン。ポケット口を1cm幅の三つ折りにしステッチ。
Claude-1c.jpg
ポケットのカーブは縫い代0.7cmの位置に粗ミシンをかけ、
ミシン糸を引っ張りカーブを作るとキレイにできます。要アイロン。



(3) 前・後パンツの股ぐりを縫いロックミシン。縫い代は右側に倒す。
Claude-1d.jpg



(4) 後パンツに後ポケットを付ける。
Claude-1e.jpg



(5) 前パンツのポケット口にポケット袋布を縫い付け、縫い代にロックミシン。
Claude-1f.jpg



(5)-1 ポケット袋布を表に返し0.5cm幅ステッチをかける。
Claude-1g.jpg
(5)-2 ポケット袋布と向こう布を縫い合わせ、縫い代にロックミシン。
(5)-3 ポケットの上部と脇を前パンツに縫いとめておく。



(6) 前後パンツを中表に合わせ、脇と股下を縫い合わせ 縫代にロックミシン。
Claude-1h.jpg
縫い代は後側に倒す。


※ベーシックな裾始末であれば、縫い代を3cm付けて裾に2cm幅ステッチ。

(7)-1 裾をパフ始末にする場合、縫い代は4cm付けます。
  パンツ内側にゴム通し口(1.2cm)を開けておきます。
(7)-2 縫い代に切込みを入れて両割り、ゴム通し口周りにステッチをかける。
  縫い代を出来上がりに折る。
Claude-1i.jpg
(7)-3 1.5cmの間隔を開けてステッチ。



(8) 裾に平ゴムを入れる。
Claude-1j.jpg



(9)-1 ベルトをパンツに縫い付ける。
(9)-2 ベルトの の位置に0.3cmのステッチをかけます。
  ステッチをかけておくと、ウエストゴムのねじれの軽減ができます。
Claude-1k.jpg
(9)-3 ウエストゴムを入れて出来上がり♪



お好みで前中心にリボンやボタンを付けてくださいね。
Claude-1l.jpg



【ショート丈の縫い代の付け方】

ショート丈のパンツに縫い代を付ける場合、型紙を反転して縫い代をとりますが
前後の傾きに差が出すぎてしまいます。(パンツ内側)
Claude-1m.jpg



縫製する時、差があると縫いづらい。。。
Claude-1n.jpg



なので、前後差の半分の傾斜を縫い代にします。(赤線)
Claude-1o.jpg
これで前後パンツを縫い合わせる時、スムーズに縫えるようになりますよ~



男女兼用で作れるパンツはこちら → 




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]縫製レシピ | 15:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/703-5b4d0dbb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT