FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新作パターンまでの道のり

ショップに新しいデザインのパターンを
アップするまでの道のりは近いようで遠い。

最近はCADを使い始めたので
作業に有する時間は圧倒的に短縮できているけど
基本のパターン(設計部分)には相変わらず時間がかかる。

パソコンで線を引く感覚がまだつかめてないからかな。

一番ムズカシイのはサイズ感。

パソコン内の縮小された世界と
手書きの実寸感を結びつけるのがなかなか大変です。


正月から 男女兼用にできるカットソーをデザインしてました。

2017-1.jpg
こちらはサンプル3着目。 男の子バージョン

インスタではお先にアップしてましたが
身頃はニット、衿は布帛だと伸び率が違うから衿周りがイマイチで
どうすればキレイに仕上がるのか、
あーだこーだと試行錯誤しながらパターン修正して
サンプル作ってを繰り返していたら
あっという間に三が日が過ぎてまったのね。


娘たちの学校が始まってから
やっと集中して取り掛かれていますが
それでもサンプル作りの日々。



下はサンプル4着目。
2017-3.jpg
女の子バージョン

衿ぐり周りの問題が決着つかず、修正へ。

問題の原因は分かっていたのですが
データを残したかったので 1つずつクリアしながら進めています。



サンプル5着目。
2017-4.jpg
アレンジ : チュニックバージョン

衿ぐり周り、ここでやっと決着!

納得できるパターンになりました。
あと5mm 衿ぐりを狭めたいけど付け衿が布帛なので、
これ以上は頭が入りづらい。

ニットと布帛のバランス。
子供の体型差を考えると ここらが限界なところ。

納得できるまでミリ単位でのせめぎ合いです。



サンプル6着目。
2017-5.jpg
アレンジ : Tシャツ衿タイプ

このデザインは衿が付くと可愛い感じになるので
小さい男の子が着る分にはいいんだけど
中・高学年の男の子には敬遠されそう。。。

なので、Tシャツタイプの衿もご用意。
これなら着てくれるんじゃないかな?


ただ最初に予定していた衿ぐり線だと
衿ぐり周りが開き過ぎてしまうことが発覚!

あと、サンプルに使った生地は鬼裏毛というザックリしたニット。
この生地に この付け衿幅では細すぎた。
2~2.5cm幅は欲しいね。



本来は扱う生地によって
パターンや縫い方を変えていくんだけど
不特定多数の方が色んな生地で縫う場合は、型紙である程度調節して
出来上がりが全体の中間になるように心掛けています。



でも それが一番ムズカシイ。。。( ̄- ̄)



そしてサンプル7着目。
2017-7.jpg
アレンジ : Tシャツバージョン ※袖口のアレンジはパターンに含まれていません。

衿ぐり周りを詰めました。

次女に着用させて確認。
OKだったので、ここからグレーディング、パターン化です。


ここまでが1/13(金)までの話。
さらに80~160サイズまでのグレーディング&修正に プラス1週間。

そしてパターンの指示書作成。 ← 今ココ。



CADを使えばもっとパパッと仕上がるイメージがありましたが (笑)
手書きの時と変わらず 地道な作業の繰り返し。
切ったり貼ったりがない分、修正は早いかな~


その他にも写真を撮ったり、説明文を考えたり、作業することは盛りだくさん。


そんなこんなで 長き道のりもやっとゴール地点が見えてきました。
明日にはショップにアップできるかも~です。( ̄▽ ̄)




関連記事
スポンサーサイト

| [ハンドメイド]オリジナルパターン | 15:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/709-e619b516

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT