Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Romane (ロマーヌ) スクエアネック・ブラウス : 縫製レシピ【フリル袖Ver.】

お待たせしました~
ロマーヌの縫製レシピになります。


Romane-o.jpg


なぜ レシピ公開に時間がかかったのか?
それは最初に撮っていた写真をボツにしたから。

あと縫製の仕方を変更したのも要因。。。


お、お待たせしまくりましたけど
額縁仕立ての縫い方を簡単に説明できたと思います。
コツは正確に合印を合わせることかな。

説明用の写真が継ぎ接ぎなのはご愛嬌♪

以下、作り方になります。



【裁断パーツ】

Romane-a.jpg



【下準備】

Romane-b.jpg
・後額縁布(ボタン位置)に接着芯を貼る。
(素材により前後額縁布の見返し部分に接着芯を貼る。衿ぐりの伸び止め防止のため)
 ※薄地は全面に貼ってもよい。



・後身頃中心の明き止まり上下8cmの位置にロックミシンをかけておく。
Romane-bb.jpg
・フリル袖の袖口が0.5㎝幅の三つ折りになるように折り目をつけておく。



Romane-c.jpg
・額縁布を二つに折り、見返し側の縫い代を1cm折り上げておく。



【縫い方手順】 フリル袖Ver.

(1) 後身頃中心を明き止まりまで縫い、
 明き止まり下3cmの位置から縫い代にロックミシンをかける。
Romane-cc.jpg
開き部分を三つ折りし、0.5cm幅ステッチをかける。縫い代は左側へ倒す。



(2) 袖、前後身頃にギャザー寄せミシンをかけ、額縁布と縫い合わせる。
Romane-d.jpg



※各パーツごとに縫い合わせる。
Romane-e.jpg



(3) フリル袖と身頃のラグラン線を中表に合わせ、袖下から額縁布まで続けて縫う。
Romane-f.jpg
額縁布のわの縫い代部分に切込みを入れる。
※切込みが入るので、鋭角の位置は重ね縫いするとよい。



切込み位置までのラグラン線にロックミシンをかける。縫い代は身頃側に倒す。
Romane-ff.jpg



※ここから部分縫いで説明
(1)見返し側 額縁布の縫い代を両割りにする。
(2)余分な縫い代をカットする。
Romane-g.jpg
(3)見返し端を出来上がりに折り、角の縫い代を倒して折り目をつける。
(4)開くと折り目がついた状態。



(1)額縁布を中表に合わせ、角の折り目上を細かく縫う。
(2)余分な縫い代をカットし、交差した縫い目に向けて切込みを入れる。
Romane-h.jpg
(3)さらに余分な縫い代をカット。
(4)開いて見返し側の縫い代は、身頃の縫い代と逆方向に倒す。



※見返し側の額縁布を折り返した状態。
Romane-i.jpg



※全パーツを接ぎ合わせた状態。
Romane-j.jpg



(4)後額縁布を中表に折り、持出し端を先に縫う。
Romane-jj.jpg
※画像はヨーク仕立てを使用してます。



額縁布を表に返し、身頃を挟んで縫い合わせる。
Romane-k.jpg



(5)身頃裾からフリル袖口まで続けて縫う。縫い代にロックミシンをかけ、後側に倒す。
Romane-l.jpg



(6)袖口は0.5cm幅三つ折りステッチ、
 身頃裾周りは2cm幅ステッチかけ、出来上がりに縫い上げる。
Romane-m.jpg



(7)後額縁布・持出し位置にボタンをつける。



(8)仕上げアイロンをかけて出来上がり。
Romane-n.jpg




【お詫び】
縫製指示書の縫い方手順【フリル袖Ver.】で、(3)から(4)の間の記述が抜けていました。
WEBレシピをご参照ください。



以上が縫製レシピになります。
もし、ご不明な点がありましたらコメント欄へどうぞ!


パターンはこちら → 




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]縫製レシピ | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/715-2fb23d60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT