Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Romane(ロマーヌ): 縫製レシピ 【ヨーク仕立て、パフ袖Ver.】

ロマーヌの額縁仕立ては生地を節約するメリットがありますが
接ぎ合わせが多くなるので、縫い代部分に厚みが出て縫いづらくなります。
また衿周りを広めに開けているので、華奢なお子さんには
胸元が心もとないかも。。。

なので 生地の節約はできませんが、
縫製が楽なヨーク仕立てもご用意しています。
衿周りも少し詰めているので、夏場に着用する時に向いてます。

ヨークと身頃の接ぎ合わせに慣れれば
あとはスムーズにできるパターンになっていますよ~


こちらも継ぎ接ぎだらけの画像になっていますが、大目に見てね♪



【裁断パーツ】

Romane-2.jpg



【縫い方手順】 ヨーク仕立て、パフ袖Ver.

(1)後身頃中心の明き止まり上下8cmの位置にロックミシンをかける。
Romane-2aa.jpg



後中心明き止まり位置まで縫い、縫い代にロックミシンをかける。
Romane-cc.jpg
開き部分を三つ折りし、0.5cm幅ステッチをかける。縫い代は左側へ倒す。



(2)前後ヨーク布の表身頃側に接着芯を貼る。
Romane-2a.jpg
※画像では見返し側に貼っています。
 表側に接着芯を貼ったほうが縫い代のあたりが少ないです。


(2)-1 前、後ヨーク布を中表に合わせ、肩を縫う。縫い代は両割りにする。
    縫い代角に合印をつけておく。 ←これ大事です!
(2)-2 見返し側の縫い代を1cm出来上がりに折っておく。
Romane-2b.jpg
(2)-3 表裏ヨーク布を中表に合わせ、衿ぐり周りを縫い、角には切込みを入れる。
(2)-4 ヨーク布を表に返し、アイロンで形を整える。



(3)前・後身頃を中表に合わせ、脇を縫い、ロックミシンをかける。縫い代は後側へ倒す。
Romane-2c.jpg



パフ袖を縫う。
Romane-2d.jpg



(4)パフ袖口のギャザーを寄せる。
 袖口カフスの二つ折りにし、裏側の縫い代を1cm折っておく。
Romane-2e.jpg



・袖口カフスの表側のみ袖へ縫いつける。
・袖を筒状にし、袖下からカフスまで続けて縫う。
 縫い合わせ位置に切込みを入れ、縫い代にロック。
Romane-2f.jpg
・カフス側の縫い代は両割りにし、袖口を挟んで縫い合わせる。



(5)身頃とパフ袖を縫い合わせ、ロックミシン。
Romane-2g.jpg



縫い代は袖側に倒す。
Romane-2h.jpg



(6)前後身頃、袖部分にギャザー寄せミシンをパーツ毎にかける。
Romane-2hh.jpg
※ここではフリル袖の画像で説明。



(7)ギャザーを寄せた身頃とヨーク布を1辺ずつ縫い合わせる。
 (1)後ヨーク布・表側の1辺と (2)後身頃の1辺を (3)合わせて縫う。
Romane-2i.jpg
※ラグラン線の縫い代は縫わないよう、外して縫うこと。



※縫い合わせたところ。
Romane-2j.jpg



パフ袖の1辺と縫い合わせる。
Romane-2k.jpg



前身頃の1辺と縫い合わせる。
Romane-2l.jpg



各1辺ずつ縫ったところ。ラグラン線の縫い代を縫い込まないよう、注意!
Romane-2m.jpg



(8)後ヨーク布を中表に折り、持出し端を縫う。
Romane-2n.jpg



ヨーク布を表に返し、身頃を挟んで縫い合わせる。
Romane-2o.jpg
※フリル袖バージョンの画像使用。
 実際は脇を縫っているので画像のように開きません。



ヨークを縫ったところ。
Romane-2p.jpg
※額縁仕立てと違い、接ぎ合わせの縫い代がないので厚みがなく縫いやすくなります。



(9)身頃裾周りを出来上がりに縫い上げる。
Romane-2q.jpg


(10)後ヨーク・持出し位置にボタンをつける。



(11)仕上げアイロンをかけて出来上がり♪

Romane-1b.jpg



袖のパフりぐあいが めっちゃ可愛い❤

パターンはこちらですよ☆ → 




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]縫製レシピ | 11:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/716-50b20d25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT