Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Romane (ロマーヌ) : 縫製レシピ 【ダブル袖Ver.】

ロマーヌはフリル袖とパフ袖をくっつけると
ダブル袖バージョンのお洋服が作れます。

2017-21.jpg

裾布をつけると、重ね着風に見えるのがミソ。




【裾布の準備】

販売中のパターンに裾布の型紙は入っていません。
ブラウス、チュニック、ワンピース丈、どの丈を使うかによって
裾布の巾が異なるので、ご自身で巾を指定してください。

裾布は長方形で取ります。
横幅は身頃裾幅と同寸法にします。(縫代分込み)
丈はサンプルでは10㎝にしています。身頃裾から見えている寸法は5cm。(△)
この丈は好みで長くしたり、短くしてください。

Romane-3a.jpg




【縫い方手順】


(1)身頃裾を2cm分折り上げます。
Romane-3b.jpg
 裾布の脇を縫い合わせ、ロックミシン。
 裾布の裾を出来上がりに縫い上げる。



(2)-1 身頃裾と裾布を中表に合わせ、接ぎ合わせます。縫い代にロックミシン。
Romane-3d.jpg
(2)-2 身頃裾を2cm折り上げ、別布が奥に控えられた状態にし、縫いつける。
(2)-3 縫い付けた状態。



(3)縫製工程は 【ヨーク仕立て、パフ袖Ver.】 の(3)まで同じ。
フリル袖を筒状に縫い上げ、ギャザーを寄せて、パフ袖に合わせる。(袖山位置)
Romane-3e.jpg



(4)パフ袖にフリル袖を粗ミシンで縫いとめます。
Romane-3f.jpg
※粗ミシンが後でギャザー寄せミシンに変わります。



(5)身頃と袖のラグラン線を縫い合わせ、ロックミシン。縫い代は袖側に倒します。
Romane-3g.jpg

この後の縫製は 【ヨーク仕立て、パフ袖Ver.】 の(5)から同じです。



出来上がり♪
Romane-1a.jpg



女の子のハートをがっちりつかむパターンはこちらですよ❤ → 




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]縫製レシピ | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/717-62e24e3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT