Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デザインとパターンは妥協すると残念な結果になる

『 デザインとは引き算である 』

と、一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが
実際にやってみるとムズカシイんだよね。


Halloween2017-1l.jpg
長女に作ったハロウィン衣装。



デザイン画はこちら↓
Halloween2017.jpg

いつもハロウィンの衣装は自分の技術を上げるために
普段作らないようなデザインだったり
生地を使ったりするよう心掛けています。

今回はあまり乗り気でなかったものの
このワンピースはスカートのフレアーの切開きとか
スカートと胸の切替部分とか
ウエストの接ぎ合わせとか
袖のパフ具合だとか
次回の普段服のデザインに採りこめることを考えると
だんだん楽しくなりました。(笑)


* * * * * * * * * *

以下、反省点。

◇バランスを考えるとワンピースの裾に切替を入れたかった。

でもスカート部分がサーキュラースカート並みに
フレアーが広がっているので、そこにギャザーフリルを付けると
重みでスカートが垂れ下がりそう。

ギャザーフリルじゃなくフリルフレアにすれば良かったかなと思うけど
パターン作成に時間がなく断念。

◇スカート裾のフリルは既成の在庫分を使用しましたが
 手間かかってもオーガンジーの幅広のフリルを作り
 上から縫いつけたほうが デザイン画にイメージが近かったかも。

◇スカート切替位置の下パーツ部に薄手の接着テープを伸び止めように貼りましたが
 接ぎ合わせ後、上パーツ部、際にコバステッチをかけたら上部が膨らみをおびた。

上下とも切替位置には伸び止めを貼った方がよかったか
それともバイアスになるので貼らなくても良かったか。。

接ぎ合わせ箇所に切込みを入れるので
コバステッチをかけたけど、かけない方がよかったか。。。

◇胸元のリボン、大きいと長女が着るには子供っぽいかな~?
 と思ったけど、デザイン的には大きくても良かった。

◇衿ぐり周りの処理は縫い代を0.7cm幅にし、
 ロックをかけて折り返しステッチをかけただけ。

簡単処理で時間もかからないけど、やはり面倒でも
裏バイアス始末にしたほうがよかった。。。


* * * * * * * * * *

・・・と まあ、時間がなくデザインを簡素(引き算)にしたものの
出来上がりは結果 残念な感じに仕上がってしまった。

そもそもデザインの時点で完成度は上げていたはずなので
それをパターンで引き算するのは無理があるなと・・・
やってみて気が付いた。


さて、次女さんの衣装はパターンまで仕上げていたんだけど
お友達が魔女に扮すると聞いて、自分も魔女になると言い出し
結果 去年の衣装を着ることに。

残念なような、助かったような。。。 ( ̄- ̄)



2017-78.jpg

当日は娘たちも入れて11名でハロウィン・パーティーを開催。

台風直撃のため、開催が危ぶまれていましたが
開催時刻には晴れ間が見えるほどの回復ぶり!! イェーイ( ̄▽ ̄)

パーティー内容について
3年生(次女)の反応は良かったものの
5年生(長女)の反応がイマイチだったのがモヤモヤするので ←なんか悔しい

来年はもっとホラーな感じに グロな料理で
仕上げてみようかな~と、密かにリベンジを考えています。 (ΦωΦ)フフフ・・・




関連記事
スポンサーサイト

| [ハンドメイド]ハロウィン | 13:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/751-7be8e4f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT