FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

厚手の生地でウエストベルトを縫うには?

家庭用ミシンでウールやデニム等の厚地で
ウエストベルトを縫い付けようとすると
縫い進みづらく、かなり厳しい時があります。

特に縫代の重なり位置とか、ポケット口の縫い合わせ箇所とか!

職業用ミシンでも厳しい時があるので
その対処方法として。


使用生地は圧縮ウール
Claude-5a.jpg

圧縮ウールは針通しの悪い生地ではないけど、
ウエストベルトの裏端を二つ折りにすれば
ポケット口の縫い合わせ箇所で
表地6枚の重なりになってしまいます。

モコモコ厚みが出てしまうし、ミシンも進めづらい。。。


なので ベルトの厚み、生地1枚分を削減する方法。


特にムズカシイ事はしていません。
ウエストベルトの端処理をちょこっと工夫するだけ。


(1)ベルト端 片方をロックミシンする。 
(2)二つ折りにした時、裏側にロックミシンした端が来るようにします。
Claude-5d.jpeg
(3)輪っかになるように縫い合わせ、裏側にはベルト通しを作っておきます。


(4)ベルト端1cmのところをパンツと縫い合わせます。
  ※図は断面図。実際はぐるり一周縫います。
Claude-5e.jpeg
(5)ベルトを わ の位置で折り返し、ロックミシンをかけた端は二つ折りせずそのままで。
(6)ベルトとパンツの縫い合わせ位置にコバステッチをかけます。
(7)わ の位置にもステッチ。 
  このステッチはゴムベルトを通した時のねじれ予防になります。

圧縮ウールを使用したので、ベルト幅は出来上がり4cm幅にしてます。
わ の位置のステッチ幅は1cm。


Claude-5c.jpg
↑裏側から見るとこんな感じ。
スッキリとしたウエストに仕上がりますよ♡



厚手の生地を使用したら ゴムベルトにも気を付けたいところ。

普通のゴムでは厚手生地に負けてしまい、伸びっぱなしになるので
強力ゴムベルトを使うとグット♪


ゴムの戻りがいい物を使用しましょう。






関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 21:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/758-da1756db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT