FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素材・縫製方法で変える 付け衿寸法

最近急に暑くなったりしたせいか
お客様の投稿写真で、
無料型紙の『女の子BasicT』を
見かけるようになりました。

色んな素材や、副資材で
個性豊かにアレンジしているのを見ると
Home Sewing!の型紙という枠を超えて
お客様の完全オリジナルになっているのが
見ていて面白いし、楽しいです❤
ありがとうございます😍

さて、そんなBasicTですが
当初は手描きだし、重ね描きだし
サイズは多いしで 付け衿の寸法は
一番無難な寸法にしてました。

衿ぐり寸法×0.85=付け衿寸法

・・・が、これだとフライスやリブだと 緩い場合があります。

今回 無料型紙の付け衿を2パターン、
しかも各サイズ別でご用意しました。

ぜひ素材別でご利用くださいませ♪


2018-33.jpg
上:天竺でのパイピング始末
中:天竺、スムースでの付け衿
下:フライス、リブでの付け衿


素材によってテンションが強い場合、
縮率を変更してください。

例:リブのテンションが強くて
付け衿周りにギャザーが寄ってしまった。
⇒付け衿寸法を ×0.83 に変更してみるなど

付け衿寸法は×0.8以下だと
着用時に身頃の衿ぐりに負担がかかり
破れたり、ほつれたりするので
程々にしたほうがいいです。(経験談w)

ちなみにタートルネックの場合は
頭を通す距離が長いので ×0.85 より
×0.9 ぐらいが良かったりします。

※パターン化はしていませんが
時々娘達が着ているタートルネック (ナタリー)
×0.9です。

これからの季節、ぜひ
たくさん作ってみてくださいね~(^_-)-☆




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 23:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/771-568cfc81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT