FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Emergency Bag (防災バッグ) : 縫製レシピ

2018-50a.jpg





防災バッグの無料型紙です。
EmergencyBag-w.jpg

この防災バッグは
もし子供たちが学校にいる時に地震が起きたらどうしよう?!
津波が押し寄せたらどうやって避難させよう?!

高台に避難しても そこで一夜を過ごすことになれば
一体何が必要だろう?!

・・・と、高知に住んでいる心配性の母ちゃんが
アレコレ考えて作った防災バッグです。


必要最低限の持ち物を入れて、
学校や職場、車の中などに備えておける
コンパクト&簡単縫製設計。

防災バッグだけでなく、ちょっとしたお出かけ用の
トートバッグとしても使えるかと。


こんなのを使う日が来ないのが一番ですが
万が一のために、持たせておきたい母の愛でもあります。

そんな心配性な方のお役に立てれば幸いです。(´-`*)



無料パターンで配信してますが 著作権は放棄してません。
詳しくはパターンショップ内の『型紙の商用利用について』をご一読ください。



【材料&裁断パーツ】
EmergencyBag-a.jpg
接着芯(不織布)、平テープ(持ち手)、ボタン、平ゴムはダイソーでも調達できます。
生地は防水・撥水加工されている布を選んでおくと安心かと思います。
サンプルはデニムとブロード、オックス生地ですが。^^;
金具は角カン・移動カン 25mmを使用しています。



【下準備】
EmergencyBag-b.jpg
表布、表底布、フラップの全面に接着芯を貼る。



【縫い方手順】

(1)-1.フラップを中表に二つ折りし、両サイドを縫う。
(1)-2.表にひっくり返し、わ 側を二つ折りにし縫い代側を仮止めする。
  ※外側と内側に差ができるのでフラップが反らないようになります。
EmergencyBag-c.jpg
(1)-3.外側にゆるみが追加され 膨らんだ状態。
(1)-4.フラップの外側を上にしボタンホールを縫う。



(2)内ポケットA・B のポケット口を出来上がりに縫う。
EmergencyBag-d.jpg
縫い代にロックミシンをかけ、縫い代1cm分を折り上げる。



(3)-1.内ポケットAの両端を2.5cm幅に折る。
(3)-1’ 折り山にコバステッチをかける。
EmergencyBag-e.jpg
(3)-2.折り山と縫い代端を合わせて折りたたむ。
(3)-2’ 蛇腹状(プリーツ)にした状態。



内布の内ポケットA位置に合わせる。
EmergencyBag-f.jpg



(4)-1.コバステッチをかけた折り山をはずす。
(4)-2.縫い代端を縫う。
EmergencyBag-g.jpg
(4)-3.折り山を元の位置に戻し、内ポケットAの下側を重ねた状態で縫う。



内ポケットAは ダイソーの折りたたみ携帯マットを二つ折りにして入れれます。
EmergencyBag-h.jpg
ポケットにマチができ、厚みのある物が入れれるようになります。



(5)内ポケットBを縫いつけます。
EmergencyBag-i.jpg



(6)-1.2.5cm幅平ゴム×22cmを二つ折りにし、端を縫い止めます。
   ※平ゴムはペットボトルホルダーになります。
EmergencyBag-j.jpg
(6)-2.平ゴム位置に縫い付けます。
(6)-3.内布を中表になるように二つ折りし、両端を縫います。



(7)-1.& (7)-2. 内布の脇と底線を合わせて三角のマチを作ります。
EmergencyBag-k.jpg
(7)-3.脇線直角に対し、幅7cmの位置で縫う。 0.5cm隣にもミシンをかける。
(7)-4.余分な布をカットする。



(8)25mm角カンに2.5cm幅平テープ×6cmを通し、端をミシン。
EmergencyBag-l.jpg
25mm移動カンに2.5cm幅平テープ×75cmを通します。 ※子供75cm、大人100cm



(8)-1.(8)-2. 移動カンに平テープを通します。
EmergencyBag-m.jpg
(8)-3.平テープ端を縫い代1cm と 2.5cm折り込み、ステッチ。
(8)-4.平テープ端を折り込んだ方を内側とします。



(9)角カン平テープを角カン付け位置に挟んで、表布と表底布を縫います。
EmergencyBag-n.jpg
縫い代は表布側に倒します。内側の縫い代は0.5cm幅カット。
表布側にコバステッチをかける。



(10)移動カン側の平テープを角カンに通す。
  ※移動カンは平テープ端を折り込んだ方を上(内側)にする。
EmergencyBag-o.jpg
持ち手を付け位置にセットする。 2.5cm幅平テープ×28cm×2本



(10)-1.(10)-2.移動カン側の平テープ端を移動カンに通す。
EmergencyBag-p.jpg
(10)-3.移動カン側の平テープ端を表布のショルダーテープ付け位置にセットする。
(10)-4.フラップの外側が下になるようにして、付け位置にセットする。
持ち手、ショルダーテープ、フラップを重ねてしっかりと縫う。



(11)反対側の持ち手もしっかりと縫う。 表布が中表になるように二つ折りし、両端を縫う。
EmergencyBag-q.jpg
表布の脇と底線を合わせて三角のマチを作り、脇線直角に対し幅7cmの位置で縫う。 
0.5cm隣にもミシンをかけ余分な布をカット。※内布参照



(12)-1.表布袋の中に内布袋を入れます。
(12)-2.表布・前側と内布のポケットB・前側 が合わさるように注意してください。
EmergencyBag_r.jpg
(12)-3.表布・前側の持ち手内側に返し口(12cmぐらい)を残し、バッグの口周りをしっかりと縫う。



(13)返し口から表布袋、内布袋を引っ張りだし、袋口周りにアイロンをしっかりとかける。
EmergencyBag-s.jpg
表布袋と内布袋の前後位置に注意してください。※内ポケットAが後側になります。



(14)バッグの口周りにコバステッチと2cm幅ステッチをかける。
EmergencyBag-t.jpg



(15)釦を付けて出来上がり♪
EmergencyBag-u.jpg



EmergencyBag-v.jpg



内ポケットAに ダイソーで購入した折りたたみ携帯マットを入れると
防災バッグが安定し、背負った時にも背中が痛くなりません。※背板の代わりになります。
EmergencyBag_z.jpg
平ゴムのペットボトルホルダーで移動中のホールド感もバッチリです。



【防災バッグの中身】
EmergencyBag-w.jpg
・600mlのペットボトル2本
・ダイソーの折りたたみ携帯マット
・食料:カロリーメイト2箱、ゼリー飲料、ミニゼリー
・ホイッスル
・ライト
・予備電池
・アルコールウェットティッシュ
・ティッシュ
・絆創膏
・マスク
・ホッカイロ 夏場は虫よけテープやクールタオルを入れるといいかも。
エマージェンシーブランケット
・ビニール袋
・家族分の連絡先 と 小銭

全て入れて2.2キロぐらいでした。


これを学校のロッカーか机の横に置いておくよう子供たちに言ってます。
学期末ごとに持ち帰ると思うので、その時に中身チェック。
必要に応じて中身の交換をしようかと思っています。

上記の防災バッグは深さとマチが少し足りなかったので
無料型紙では修正しています。

防災バッグの口にはファスナーを付けたいところですが、
そうすると縫製が難しくなるので簡単なフラップ仕様にしています。
なので、ホコリ除けに手拭いやタオルで中身を覆うといいかもです。


無料型紙はこちら → 




関連記事
スポンサーサイト

| [パターンショップ]縫製レシピ | 00:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/777-68df3372

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT