FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パンツの検証3

ボーイフレンドデニムをイメージしたパンツを作図しました。

今回 作図の【 共通事項 】 ※数値を変更しない箇所。
◆ ヒップ周りのゆるみは最小限のままで。
   Claude(クロード)はヒップ83cmに対し、ゆるみが12cmありますが
   検証1・3 ともに 5cmで作図。

◆ ウエストはゴム仕様でヒップがギリギリ通るウエスト寸法にする。
   ベルト周り寸法85cm
◆ 運動量はキープしつつ、ネカシ(倒し)分量は少なめにする。
   検証1の文化式はネカシ分量が5.4cm、クロードは4.6cm、検証3では3.4cm。
   ※ちなみにネカシ分量が多いと後身頃は大きく右へ傾くので、使用する生地の分量が増えます。
    変形した形になるので一方方向で裁断する場合や生地巾が狭いと用尺がたくさん必要になる。。。
    ネカシ分量が少ないと生地の節約にもなると思う。( ̄▽ ̄)w


【 確認事項 】 ※検証したい箇所
◆ 後股ぐりのカーブの違いを見る。(浅め、深め)
◆ 前身頃の折り山線を前ワタリ寸法二分の一より脇へ移動した場合の
  足の可動域を確認する。
◆股下の前後寸法差の確認。
  (なぜ同寸ではダメなのか、寸法差はどれ位が適しているのか)


ファーストサンプル①
pants-2.jpg

サイズ150 /H83cm
  ・ ヒップのゆるみ 計5cm (H88cmあがり)
  ・ベルト周り寸法は85cm。
  ・パンツ裾幅は38cm
  ・身頃の折り山線をワタリ寸法二分の一より、脇側へ移動してます。

検証1で自分の方法で作図したパンツは X脚っぽくなってしまいました。
今回はキレイなストレートパンツのシルエットになったと思う。
pants-2a.jpg


pants-2b.jpg
後股ぐりのカーブにツレじわが出ていないので、丁度いいカーブになったかな。
股下ワタリ寸法の前後差は3cm。
股下の前後寸法差は無し。


着画♪ (次女: 身長143cm、H83cm)
pants-2c.jpg
パンツ裾幅を検証1と同じ38cm幅にしていますが、
なぜかお尻下の後太もも辺りのゆるみが多い。
後股ぐりのキツさは無くなりました。 ヒップ周りのゆるみもちょうどいい感じ。


上の作図でサンプル①を縫いました。
pants-2d.jpg
生地はC&Sさんのインディゴデニム風ニット。
縦地方向によく伸び、横地方向にはあまり伸びない生地です。


次女: 身長143cm、H83cm
pants-2e.jpg

長女: 身長158cm、H84cm
pants-2f.jpg

H寸法が同じでも身長差で着画雰囲気が違いますね。
次女はブカブカな感じがします。
長女がちょうどいいサイズ感。
後身頃の内股にかけて 斜めのシワが気になります。



サンプル②
pants-3.jpg
ファーストサンプル①で気になった股下にかけてのシワを修正。
後股ぐり、後股下のカーブを下げて、股下の前後寸法差を1cm付けました。
後股ぐりのカーブが①に比べて少し浅くなりました。


修正した作図でサンプル②を縫いました。
pants-3a.jpg
今度は布帛で。


次女
pants-3b.jpg

長女
pants-3c.jpg

布帛だと次女のサイズ感がちょうど良く、
長女では若干小さめな感じがします。後股ぐりがキツそう。
ボーイフレンドデニムというよりスリムパンツ風。
後身頃の内股にかけての斜めシワが少しマシになった気がします。



サンプル③
pants-4.jpg
ファーストサンプル①ではストレッチ素材に適していなかったので
ニット用に作図をし直しました。

 ・ヒップのゆるみなし。(H83cmあがり)
 ・股上寸法を①より3cm下げ、浅くしています。
 ・ベルト周り寸法は77cm
 ・パンツ裾幅は36cm
 ・股下の前後寸法の差は1cm
 ・後股ぐりのカーブをより浅くしています。


ニット用に作図し直し、サンプル③を縫いました。
pants-4a.jpg


次女
pants-4b.jpg

長女
pants-4c.jpg

ニット用に作図し直したサンプル③は次女にちょうど良くなりました。
後股ぐりカーブを浅くした分、お尻がキュッと上がった感じがします。
ジーンズで見られるようなシルエットになったと思う。
後身頃の内股にかけての斜めシワが、次女では目立たないのはO脚気味だからかも。。。

長女に このサイズは小さく感じます。
前身頃股下付近に引き込みじわが出ている。
細身にした分、後身頃の内股にかけての斜めシワが目立ちました。
ワタリ寸法が足りない事も考えられるけど、
たぶん身頃の折り山線を脇寄りに移動したことが原因かも。


* * * * * * * * * * * * *

パンツの検証は 確認したい箇所を一ヶ所ずつ確認してから 次の作業に進んでいます。
なぜなら複数個所を同時に修正してしまうと、何が原因か分からなくなるから。

検証からへ辿り着くまで 何着トワルを組んだことか。。。
シーチングを1反注文していましたけど、検証で全部使ってしまいました。
おかげで自分が疑問に思っていたことが解消できたと思います。

まだまだ検証したい事があるので
パンツの作図は こうすればOK!とは言えませんが
検証した事をまとめて、パンツの作図方法として昇華したいと思います。





いつになるか分からないけどね!!


関連記事
スポンサーサイト



| [ソーイングあれこれ]パンツの考察 | 02:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/790-44e8300e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT