FC2ブログ

Atelier GiGi のソーイング・ノート

オリジナルデザイン&パターンでハンドメイドの子供服、たまに大人服、ときどきカメラ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マスクの裏側をスッキリさせるコツ☆

ネタ的には今さら感満載なんですが
次のブログネタまでのつなぎとしてお楽しみください。( ̄▽ ̄)


無料ダウンロードできるマスクの型紙は
縫い代が1cmで印されているものが多いかと思います。

平面の形ならいいのですが、立体マスクのような形で
表と裏の縫い代が一緒だと
裏側の生地がダブつきやすくなります。


そんなマスクの裏地をスッキリさせるコツ☆

mask-4a.jpg



コツはとっても簡単。
表地と裏地の縫い代分量を変えるだけ。
mask-4b.jpg
薄地~普通地であれば表と裏の縫い代差は0.2cmぐらいあれば十分。
厚地であれば0.3cm差ぐらいで。


※0.3cmや0.7cm巾の縫い代を取るには専用の定規を使用します。
1本あると便利ですよ~♪





縫い合せは表地の縫い代分量で縫います。
mask-4c.jpg
表地より裏地が小さめに出来上がるので、
裏地を伸ばし気味にして縫い合せます。



表に返してアイロン。
mask-4d.jpg
アイロンをかける時に裏地が1mm控えるようにします。



ちなみに前中心の縫い代も 表と裏で差をつけると
赤◯斜線の部分がスッキリと仕上がります。
mask-4e.jpg

裏側がスッキリすると息もしやすいのでおススメです。


応用として、フラットカラーやボレロ、ベストの裏地などの
縫い代にも差を付けると、仕上がりがキレイになります。



お試しあれ♪





これからの季節にマスクはツライ。。。
接触冷感生地なる物があるけど、これってどうなんでしょう?



関連記事
スポンサーサイト



| [パターンショップ]部分縫い・縫い方のコツなど | 00:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliergigi.blog119.fc2.com/tb.php/804-48ee1420

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT